ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 603
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

2012年アメリカ人の夫と日本で結婚 子供2人(娘(7歳),息子(2歳)) 2018年7月夫のみニューヨークへ移住

ユーザー評価:

2012年アメリカ人の夫と日本で結婚
子供2人(娘(7歳),息子(2歳))
2018年7月夫のみニューヨークへ移住
2019年7月〜子供2人(アメリカ国籍保持)と私(ESTA入国)がアメリカへ渡る
※2019年10月初めにESTAの滞在期間が終わるため下の子供と日本へ帰りそのまま日本で別居、離婚と進めていきたい
JA: 了解いたしました。該当の州またはカウンティを教えていただけますか?
Customer: すみません、途中で送信したので再度送ります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: •子供2人(娘(7歳),息子(2歳))
2012年8月 日本で結婚
2014年4月 ベトナムに夫の転勤のため引越、
2017年7月 日本に帰国
2018年7月夫のみニューヨークへ移住
2019年7月子供(アメリカ国籍保持)と私(ESTA入国)がアメリカに渡る
2019年10月に私と下の子供のみ日本へ一時帰国。日本で観光ビザを取得後にアメリカへ行き移民ビザへの切替を予定していましたが、ビザ申請却下となり、現在家族呼び寄せのK3ビザを申請中です。一年余りの別居期間の間に夫が離婚したいと言い出しました。下の子供を返せと言ってきていますが、これはハーグ条約によって下の子供をアメリカに返さなければいけなくなるのでしょうか?

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

こちらに記載の文面からすると、あなた様に「ハーグ条約によって下の子供をアメリカに返さなければいけな」い義務はありません。2019年10月にあなた様が下の子供を日本に連れて帰った時、離婚の話など出ていなかったようで、子どもの父親の意思に反して日本に連れ帰ったわけではないと仮定すると、これは条約違反の奪取にあたらないと思います。むしろ、返すとあなた様は自分の子供と離れ離れになる可能性があります。

もしご不明な点がありましたら、ジャストアンサーの返信機能をご利用のうえ、不明な点を続けてお尋ねください。私の返信の頻度は一日一回程度です。追加料金かかりますが、事前予約制の電話サービスもあります。ご利用は任意です。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
23433;心しました。ありがとうございました。

アメリカの法律 についての関連する質問