JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 403
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

現在E-2

質問者の質問

現在E-2 Visaで米国にて就業中(日本企業からの駐在)ですが、グリーンカード取得を可能な限り早く検討したいと考えております。取りうる選択肢と、それぞれの進め方など アドバイス頂戴できますでしょうか。
JA: 了解いたしました。該当の州またはカウンティを教えていただけますか?
Customer: Mountain View CAに居住しております。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特に御座いませんが、昨年11月に抽選永住権委応募いたしました。確率的に当選は難しいと思いますので、グリーンカードの取得に就き、弁護士様に相談させて頂きたかった次第です。尚、現在就業中の日本企業からどのようなタイミングで日本への帰任の指示が来るかは不明です。
投稿: 16 日 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 16 日 前.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。あなた様の職種は何ですか?あなた様の雇用主は永住資格のスポンサーになることに同意していますか?

質問者: 返答済み 16 日 前.
総合商社です。スポンサーになるかどうかに関しては未確認ですので、スポンサーシップ有りと無しの場合のそれぞれのケースに関してアドバイス頂けますと幸いです。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 14 日 前.

「総合商社です」というのは、職種を尋ねた私の質問に対する答えではないです。それはあなた様の雇用主の業種です。あなた様の職業は何ですか?それから学歴は何ですか?例えば「部長です」と答えられても、何を実際にやっているのか分からないので、あなた様がされている仕事の内容が分かる表現でお願いします。スポンサーなしだと、たぶん抽選か結婚か投資以外方法はないという印象です。米国永住資格は申請すればだれでも取れるというものではなく、申請するのに必要な条件を満たしていたら、申請できるという、比較的狭き門です。

アメリカの法律 についての関連する質問