JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 338
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

米国ロサンゼルス近辺に住んているものです。 私には複雑な持病が脳血管にあり、先日手術をしました。

質問者の質問

米国ロサンゼルス近辺に住んているものです。
私には複雑な持病が脳血管にあり、先日手術をしました。 術後の検査入院を3-4ヶ月に行う予定にしております。 また、新たな部分に発祥していることが判り、主治医より経過観察を定期的に行う必要があると指示を受けています。その中、この度アメリカ中西部への転勤命令が会社より出ました。 会社には主治医から継続した治療観察が必要との書簡は提出しており、会社側は私の状況を把握しているはずです。 個人的には主治医から離れる事に対して非常に不安を持っております。この状況で質問です。
1. 病状がはっきりしている状況化に於いて、転勤指せる事に何か問題は無いでしょうか? 転勤を拒否すれば、退社する様にと言われております。
2. 赴任後に病状が悪化し、仕事が出来なくなったり、死に至った場合は、会社に責任を負わせることは可能でしょうか?ざっくりとした情報で申し訳ございませんが、ご返答頂けますと幸いです。
JA: 了解しました。該当の州またはカウンティを教えていただけますか?
Customer: 会社はCalifornia 州 ロサンゼルス County です。 住まいはOrange County になります。
JA: ありがとうございます。上記の他に、弁護士に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 病名などが必要でしたら、お教えください。 その他は今の所ございません。 よろしくお願い致します。
投稿: 15 日 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 15 日 前.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。もしあなた様の雇用主はどのくらいの規模ですか?従業員数は何名ですか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
24467;業員は約190名です。 会社の規模は何でお伝えすればよろしいでしょうか?
専門家:  uslawyer2004 返答済み 12 日 前.

ご返信ありがとうございます。電話相談をご希望でしたら、ご連絡ください。

1については、こちらにある文面を拝見する限りで申しますと、会社の転勤命令に違法性を見つけることが困難です。2については、会社の行動に何か違法な行為不作為や過失があって、それが原因であなた様が何らかの被害を負えば、会社に法的責任を問うことは可能と思います。

ですが、働くというのはそもそも生きるためにするのであり、働いたら死ぬかもしれないと思うくらいなら、辞めれば良いではないかと、アメリカ人は不思議がるのではないかと思います。アメリカの労働法の論文集逐次刊行物で、よく日本の過労死がkaroshiというタイトルで議論されていて、私は「死ぬかもしれないのにそこまで働く」ということそのものが、アメリカ人には分かりにくい現象なので、論じられているのではないかと思います。

アメリカの法律 についての関連する質問