JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 343
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

こんにちは。 アメリカ入国に関する質問です。

ユーザー評価:

こんにちは。
アメリカ入国に関する質問です。私は2017年2月にf-1ビザ更新のためにアメリカから日本へ帰国をし、面接を行いましたが更新を却下されてしましました。
理由は214bのアメリカに住み着く恐れがあるという判断によるものでした。面接の際に私の聞き間違えでなければ、オーバーステイをしていた期間があるということも伝えられました。
しかし、心当たりがございません。
このような場合、オーバーステイ歴があるのかどうか確認する方法はございますでしょうか。また、来月アメリカへ旅行をしたいと考えており、ESTAでの入国拒否を受ける可能性は高いでしょうか。実際にオーバーステイ歴があると、3年はアメリカへの入国が不可であると理解しておりますが私の認識は正しいでしょうか。ご回答何卒よろしくお願いいたします。

こんにちは。ご質問ありがとうございます。180日以上一年未満のオーバーステイがあると、米国へ3年間入国禁止のペナルティはあります。一年以上のオーバーステイだと、米国へ10年間の入国禁止です。

質問者: 返答済み 16 日 前.
36820;信ありがとうございます。
先程もお伝えしましたが、ビザ更新面接の際にオーバーステイをしていたと伝えられましたが、心当たりがございません。
このような場合、オーバーステイ歴があるのかどうか確認する方法はございますでしょうか。
質問者: 返答済み 15 日 前.
37325;ねて失礼致します。こちらのオーバーステイをしていたかもしれない時期は語学学校に通っておりまして、問い合わせをしようと試みましたが、既に廃校となっており連絡の術がございません。また、CBPより渡米歴なども確認しましたが、特に問題はございませんでした。

ご返信ありがとうございます。では、面接した米国公館に直接尋ねることを提案します。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;返信ありがとうございます。米国公館ではお電話にて情報を開示していただけるのでしょうか。

ご返信ありがとうございます。尋ねたからと言って相手が必ず答えてくれるという保証など、どこにもありません。ですが、尋ねなければ知り様もないということは確かです。電話以外には、手紙、ファックス、メールなどの手段があります。電話だとすぐに相手も分からないかもしれないので、書面で尋ねて相手に調べる時間をあげて、それで返事来なかったら、電話と言うのが良いんじゃないかと思います。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;返信ありがとうございます。CBPへ再度問い合わせをしたところ、オーバーステイの件に関してはそのようなレコードはないということで、問題解決いたしました。ありがとうございます。もう一点、エスタ申請の際ですが、ビザ再申請が却下された経歴がある場合、エスタの申請は通りにくいでしょうか。質問項目でビザを却下された経験の有無を聞かれるとおもいます。

ご返信ありがとうございます。査証申請却下された経歴のある方がエスタを申請するとエスタも却下される可能性が高いです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;返信ありがとうございます。ビザ申請却下歴のある場合、エスタも却下される可能性が高いとのことですが、その場合何のビザを申請して渡米することがよろしいでしょうか。期間は1週間ほどです。

ご返信ありがとうございます。米国滞在の期間は分かりました。米国入国の目的は何ですか?観光商用ならB査証です。Bは非移民査証の一つです。もし米国に住み着く恐れがあると判断されたのであれば、非移民査証を申請すると再び却下になる可能性はあります。移民査証ならそもそも米国に住み着くことが目的だから問題ありません。滞在期間が一週間なら移民査証は申請できません。米国に住み着く恐れがあると判断されたのが、かなり前であれば、時間がたっているので、非移民査証を申請して許可される可能性も考えられます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;返信ありがとうございます。米国に住み着く恐れがあると判断された時期は2017年2月です。私の場合、ビザ再申請却下歴がありますので、ESTA申請も高い確率で通らないかと思います。そのため観光目的のためのB2ビザ申請をするか考えようと思います。10月末日で現在就業先の会社を退職、10月半ばから2週間ほど有休消化があり、その期間1週間ほどニューヨーク(以前学生ビザで5年ほど居住歴有)へ旅行することを希望します。また11月一日より転職先へ入社予定です。
観光ビザ申請の場合も、日本へ必ず帰国する裏付けの書類提出が必要かと思いますが、私の場合、転職予定の会社から内定書を受領しておりますが、こちらがその裏付け書類に当てはまりますでしょうか。
全て日本語で記載されています。英文翻訳を当方で作成することも可能ですが、その書類に効力はありますでしょうか。

ご返信ありがとうございます。ジャストアンサーでは一回の質疑応答の有効期限を投稿時より一週間とさせていただいております。それ以降は追加料金にて質疑応答の延長を承ることができる場合があります。以下回答です。

転職予定の会社からの内定レターは、それがあるからと言ってかならず査証が許可されるわけではありませんが、何もないよりかは助けにはなると思います。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問