JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 268
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

ワシントン州在住、夫がアメリカ市民、グリーンカードのインタビュー待ちの状態の、日本国籍の者です。夫とはワシントン州と日本

質問者の質問

ワシントン州在住、夫がアメリカ市民、グリーンカードのインタビュー待ちの状態の、日本国籍の者です。夫とはワシントン州と日本とで婚姻関係を結んでおります。後学の為、夫の浮気の状況証拠(疑惑)が見つかった場合、離婚手続きを有利に進めることが可能か(日本国民法が適用可能か)、訴訟のおおよその費用感、自身の婚姻前財産に影響が出る可能性があるか、今後子供ができた場合、浮気を争点に親権獲得が可能かを知りたいのですが、ご相談の概算見積もりを頂くこと可能でしょうか。夫と私だと、私の方が資産が多い状況ですので、離婚したい時に、婚姻前財産分与を争点に、離婚がし辛いという状況を避けたく思っております。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: ロボットでしたか?後日ご回答頂けますと幸いです
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: アメリカの法律
専門家:  uslawyer2004 返答済み 5 ヶ月 前.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。あなたは日本法のもとで離婚りたいのですか?それともワシントン州法のもとで離婚したいのですか?あなた様は離婚後日本に住みたいのですか?それともアメリカに住み続けたいですか?

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
19975;一、自身やこの先子供に不利な状況が発生した場合は、日本とワシントン双方で離婚し、日本に住みたいです。
専門家:  uslawyer2004 返答済み 5 ヶ月 前.

返信ありがとうございます。まず質問1の「後学の為、夫の浮気の状況証拠(疑惑)が見つかった場合、離婚手続きを有利に進めることが可能か(日本国民法が適用可能か)」という点ですが、ワシントン州の法律では夫の浮気で、浮気された側の妻が離婚手続きを有利に進めるということはありません。「日本国民法が適用可能か」という部分が良く理解できませんが、日本法の下、日本国内で離婚する場合、浮気は関係あるかもしれません。「日本に住みたい」ということで、その場合は、まず日本に住んで、日本の法律のもと、離婚するのも一つの方法です。日本の法律下、日本で離婚する場合は、私はアメリカ資格の弁護士ですので、日本資格の法律の専門家に相談されるのがベストです。質問2の「今後子供ができた場合、浮気を争点に親権獲得が可能かを知りたいのです」という点ですが、これもワシントン州の法制度の下だと、浮気のみを原因に浮気していない側の配偶者に親権が与えられるということは、ないと思われます。子どもがどちらの親とともに住むかという点が争いになった場合、parenting evaluatorという専門家が面談などをしてレポートを書き、裁判所はそれを参考に決めます。質問3の費用ですが、ワシントン州で離婚される場合、離婚の条件に双方が同意している離婚で子どもがいない場合、1400ドル弁護士料金プラス実費、離婚の条件に双方が同意している離婚で子どもがいる場合、1700ドルプラス実費です。双方で離婚条件に一部でも同意していないものがある離婚をcontested divorceと呼びますが、弁護士費用だけで数万ドルにいたる場合があります。

専門家:  uslawyer2004 返答済み 4 ヶ月 前.

ご質問には、回答させていただきました。ジャストアンサーでは一回のご質問の有効期限を、投稿時より一週間とさせていただいております。ご不明な点がまだありましたら、返信機能を利用して、不明な点をお尋ねください。

アメリカの法律 についての関連する質問