JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 279
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

今、ここのページにたどり着いたので、記事を読んでいるところですが、どうやら、私も、国際ロマンス詐欺に引っかかってしまった

ユーザー評価:

今、ここのページにたどり着いたので、記事を読んでいるところですが、どうやら、私も、国際ロマンス詐欺に引っかかってしまった可能性があり、非常に、今、困っています。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 今年の1月11日に、フェイスブックで友達申請があった、外国人の女性(米軍勤務)と、フェイスブックのメッセンジャーでやり取りをしてきました。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
31169;が、私の居住地域の「消費者センター」や、そこで紹介された「国際ロマンス詐欺撲滅協会(Japan)」というfacebookの管理人に、それぞれ問い合わせた範囲では、“詐欺”に違いない、という返答でした。しかし、別に私は未練があるわけではありませんが、もし、「詐欺でなかった」とした場合、ただ単に、無視したり、関係各機関に報告するのではなく、実際に『荷物』が、「運送会社」の中で、宙吊りになってしまっているという話があります。そして、その『荷物』の中には、当該外国人女性(米軍勤務(女性兵士))の「大事な書類」も入っているとのことで、その書類がないと、非常に困るらしいのです。すでに、『荷物』は、「彼女」のもとから発送(2018年2月17日付)されており、現在は、「彼女」と「運送会社」と「私」の三者が登場人物となっております。
現在、その『荷物』は、トルコ国で止まっています。去る2月22日に、ウエスタンユニオン経由で、『荷物』の運送費である、3,700米ドル(日本円で413,602円、プラス手数料7,000円の、合計420,602円になりました。)を、その「運送会社」宛てに支払っています。その後、その『荷物』の中に、大量の現金(米ドル紙幣)が入っていることにより、さらに、現金輸送のために、『荷物』の運送費の“追加費用(18,800米ドルの送金と、配達完了時に4,000米ドル(日本円可。)を直接、配達員に支払う。)”を求められているところで、この話はストップしています。
なぜなら、その合計の22,800米ドルは、私の2年分の収入に匹敵し、とても支払える金額ではないため、支払いを起こせないからです。果たして、この外国人女性(米軍兵士)から始まる話、及び『荷物』の発送(日本国内の私の家宛てです。)…「運送会社」の話は、“詐欺”でしょうか? それとも“詐欺ではなく、本当の話”なのでしょうか?現時点では、この話の登場人物である三者とも、非常に困ってしまっています。まだまだ、“情報”はありますが、取り急ぎ、非常に簡単に、要点のみを、かいつまんで申し上げました。よろしくお願い致します。P.S.
その外国人女性(米軍兵士)は、私に“求婚”しています。彼女には、2013年に離婚した元夫との間に出来た、6歳の一人娘さんがいます。現在、米国本土の基地で、乳母が育てています。彼女の父親と妹は、数年前に交通事故で死亡し、その後、痴呆を患った彼女の母親も、じきに亡くなったとのことです。
ちなみに、私は、独身の男性です。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12381;の相手の外国人女性の名前は、Favour Smith Iretele さんといいます。Favour はファーストネーム、Smith は苗字、Iretele はミドルネームです。娘さんの名前は、***** ***** で、2011年10月07日生まれです。Favour Smith さんは、現在の駐留場所であるアフガニスタンに来て、3年半といいます。その前は、イラクに赴任していたそうです。そのときに、元夫に浮気され(彼はあろうことか、彼女の親友と寝たそうです。)、それが主な原因となって、離婚したということを、聞いています。Favour Smith さんとは、今年の1月11日に知り合って以来、毎日、欠かすことなく、メッセンジャーでのやり取りが続いています。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
26368;初に、その「運送会社」に支払った3,700米ドルは、正確には、その「運送会社」の、トルコ国にある代理店宛てに支払っています。しかし、3,700米ドルの「領収書(HAJIME.jpg)」は、UK(ロンドン)の、その「運送会社」からのメールに添付されてきました。また、『荷物』を発送したときの、その「運送会社」が出した「荷物受領伝票」は、「荷物発送時の受領伝票」として、写真を添付しております。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
12381;の「運送会社」と私との“やり取り”の中で、その「運送会社」から私が受信したもののうち、主だったものを、以下に10個、添付しました。ご査収をお願いします。

詐欺だと思います。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
Customer弁護士 先生お世話になっております。私が提示した大量の資料に目を通されて、ご回答をくださり、誠にありがとうございます。ぶしつけな御質問で大変恐縮なのですが、
先生は、この話の、どの辺りから、「詐欺」である可能性が濃厚という、御判断を下されたのでしょうか?それとも、それを明かすのは、先生の「企業秘密」に当たり、障りがありますでしょうか?もし、差支えなければ、御聞かせ願えますでしょうか?よろしくお願いいたします。P.S.
私は、詐欺なら詐欺で、仕方ありませんが、その「判断」の「根拠」を知りたく思います。P.S.2
大量の米ドル紙幣は、$450万、すなわち$4.5million、という触れ込みですが、「戦闘」による「戦利品」の払い下げで入手した、という話でした。P.S.3
その「戦闘」で「負傷(写真の送付がありましたが。)」したという話もあり、英国赤十字の女性職員に看護され、その職員を通して「荷物」を預けた、という話でした。
質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
Customer弁護士 先生お世話になっております。>詐欺だと思います。という御回答をくださり、誠にありがとうございます。その『詐欺だと思います。』という言葉の“程度”問題に関して、お尋ねします。1.詐欺か否かは、「グレーゾーン」である。
2.詐欺であることについて、「かなり黒に近い」と思われる。
3.「詐欺である。」と“断定”できる。先生が、御回答をし易いようにと思いまして、とりあえず、上記の3つの“レベル”に分けました。先生の『詐欺だと思います。』という御回答は、どの“ランク”に当てはまるでしょうか?先生の御回答をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

「2.詐欺であることについて、「かなり黒に近い」と思われる。」です。

質問者: 返答済み 7 ヶ月 前.
Customer弁護士 先生お世話になっております。早速の御回答を賜り、誠にありがとうございます。>「2.詐欺であることについて、「かなり黒に近い」と思われる。」です。
と致しますと、今回の、私が直面している『問題』は、専門用語ですと『案件』と呼ばれるのかもしれませんが、【問①】“荷物”は存在せず、私は“架空”の話に騙された、と考えてよろしいでしょうか? 別の言い方をすれば、“荷物”はないわけですから、その荷物の運送料の追加費用の支払い及び、荷物の保管料の支払い等々に思い悩む必要は全くない、と考えてよろしいでしょうか?【問②】私は「3,700米ドル」をだまし取られたかたちになりますから、すなわち、私の居住地域を管轄している、最寄りの警察署へ行く、つまり、「被害届」を出す“レベル”と考えて、よろしいでしょうか?もっとも、日本国内に居住している私にとっては、海外での出来事になりますから、日本の警察も、どこまで“相手”にしてくれるか、わかりません。しかし、出来れば、添付ファイルに付けた、メールの文章を御参照してほしいのですが、その『荷物』の“確認”のためという名目で、また、『本人』の“確認”という名目で、請われるままに私は、自分の「住所・郵便番号・氏名(フルネーム)・固定電話番号・携帯電話番号・自動車運転免許証のコピー(表裏の両面)の写真」を、その『運送会社』というところに、“送信”してしまっているのです。したがって、「詐欺の線が濃厚である。」ならば、“3,700米ドル”の「運送料」のみならず、私は上手に“個人情報”を抜き取られてしまったことになります。【問③】となりますと、結論的には、今後の私の対応の仕方、つまり、俗に言いますところの“後始末”について、先生の御助言を頂きたく存じます。よろしくお願いいたします。

ジャストアンサーでは一回の質問の有効期限を投稿時より一週間とさせていただいております。よろしくお願いいたします。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

こんにちは。ご質問にお答えいたします。問1. ご自身でお書きの通り、思い悩む必要なく相手にしないのが良いと思われます。問2. 最寄りの警察で被害届を受け付けてくれるか問いあわるのは良いと思います。それで受け付けてくれるのであれば、提出すればよいでしょう。ですが、ご自身でもお書きの通り、犯人が日本国外にいて犯罪が日本国外で起こった場合、日本の警察でできることは、あまりないと思われます。

問3. この問題が一番現実的です。あなた様の状態は、例えば財布をなくしその中に免許証が入っていたなどの状況でも同じことが言えます。それで詐欺にあったということを理由に、免許証の再発行をしてもらえるかどうか尋ねできるようなら、新しい免許証の交付を受けると良いでしょう。そして、信用情報機関に旧免許に記載の情報が不正利用されるかもしれないことを申告するのが良いでしょう。あなた様名義でローンやクレジットカードがつくられそうになるとき、慎重に対応してもらうためです。こちらにその情報が出ておりますので、参考にされると良いでしょう。

http://www.kyosyujyo.jp/Column/archives/21

アメリカの法律 についての関連する質問