JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 236
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

ご相談 DUI履歴 入国二次審査回避の方法

ユーザー評価:

ご相談 DUI履歴 入国二次審査回避の方法2007年にDUIでの履歴があり、近年US入国審査で二次審査にて多大な時間を要し
またESTAとの履歴での不整合も懸念しております。
今後これを回避できる方法をご相談させてください。永住権もビザもなく出張ベースでUSに行く立場です。
何卒よろしくお願い申し上げます。石谷俊明
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 近年US入国審査で二次審査にて多大な時間を要し
同行者、送迎者を待たせることを避けたいのです今後これを回避できる方法をご相談させてください。

DUIは刑事事件です。刑事事件は一生その犯歴が残ります。なので、DUIで逮捕された場合、交通違反に減刑をしてもらい、そして逮捕歴を凍結して、入国審査などでそのデータが出てこないようにし¥するのが一般的な方法です。今の時点ではその犯歴を消す方法はなく、同行者や送迎者をまたせないようにスムーズに入国をするためには、ビザを取得するしかありません。

http://www.us-lighthouse.com/life/visa/b-visa.html 出張の場合はこちらの短期商用ビザを取得することになります

ただし、お客様は犯歴がありますので、ビザが取得できるかどうかはわかりません。日本でアメリカ大使館に申請をして、面接を受けるのですが、その時に犯歴はある場合、かなりの確率で取得が困難になります。私としては、移民法専門の弁護士さんと相談しながら、ビザを取得することをおすすめします。ご自身で申請するのではなく、必ず移民法専門の弁護士さんを通して申請されてください。一度却下されると二度とビザが取得できなくなる可能性が高いので、弁護士さんを雇われることをお勧めします。

移民法は連邦政府管轄の法律ですので、ハワイ、カリフォルニア、ニューヨークなど、どの州の弁護士さんでもOKです。この3州には日本人弁護士さん、または日本語がわかるアメリカ人の弁護士さんが多いので、コミュニケーションの観点からも話しやすいでしょう。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございます。日本語対応可能な在米の弁護士事務所ご紹介いただくことは可能でしょうか?

http://www.hawaiinisumu.com/pages/6_25/01.php  ハワイはこちらをご覧ください

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。

移民法専門の弁護士さんをお選びください

よろしければ評価をお願いいたします

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問