JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
legalsos2011に今すぐ質問する
legalsos2011
legalsos2011, パラリーガル
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 262
経験:  Chaminade University, Criminal Justice UNLV, Paralegal
62612785
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
legalsos2011がオンラインで質問受付中

初めての利用です。 私現在、テキサス州のダラスに居住しているのですが、最近交通事故を起こしてしましました。

ユーザー評価:

初めての利用です。
私現在、テキサス州のダラスに居住しているのですが、最近交通事故を起こしてしましました。
私の車が右方へ車線変更しようとして、後ろをみた後に前を向いて車線変更をはじめた時に、前の車が減速しているのに気付くのが遅れて、後ろから相手の後方に当たってしました。幸い大きな怪我はお互いになく、警察を呼びましたが事故レポートは発行してもらえず、双方の保険会社とのやりとりで解決してくれとのことでした。当方、アメリカでの事故は初経験であり、尚且つ私の方に過失があるような状況ですが、今後の賠償請求など裁判を起こされる可能性や、その場合の対処法を御教示頂けないでしょうか?

お怪我はありませんか?お客様は駐在されているのでしょうか?アメリカで有効な車両保険に加盟されているのですよね?最近はほとんどどこでも余程死傷者または怪我が酷い交通事故でない限り警察は動きません。動くのは双方の保険会社のみです。1)ちゃんとした保険に加入してない場合、またはお客様が相手に過失があるとして相手の車両修理を断った場合、保険会社が手に負えない場合は裁判になる可能性もありますが、通常は双方の保険会社がかけている保険の範囲内で事故処理をし、お客様と相手側の調停をいたしますので、よほどのことがない限り訴訟は起きないようになっています。保険会社といってもちゃんと弁護士さんのチームが組まれており、法務部の指導の下双方と交渉するのが通常です。2)気になる点がある場合は、大手の保険会社は日本語の通訳者がいて、3人で話ができるようにしてくれますので、それで不安などを話し合ってみるのも一つの方法です。裁判になった場合は(通常は保険に入ってない、保険が切れているなどで弁償ができない場合に起こってくる可能性。クレーマーなど)、車両事故担当の弁護士さんを雇い対処する必要性があります。しかし、訴訟になるということは反対に保険会社の評判、信頼性を落とすことにもなりますので、ありとあらゆる交渉はしてくれるはずですし、相手側もちゃんと保険に入っているのであれば相手側の保険会社もちゃんと対処してくれるはずですので、そんなに心配なさらずとも良いと思います。3)日本に帰国してしまう旨は必ず保険会社に通達してください。また保険会社からくる連絡先(日本の住所、メール、電話番号、また保険会社の担当者のメールアドレスなど)は必ず交換してください。事故処理は半年かかる場合もあります。日本に帰国するからと言って問題が発生するとは思えませんが、もしも将来お客様がアメリカで再度車両保険に加入する場合は、今回の事故をもとにして値段があがるということはご承知おきください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧にどうもありがとうございます。
お陰様で少し安心できました。誠にありがとうございます。現在、留学でこちらに来ており、私は怪我はありません。相手も首を気にしていましたが、結局警察が介入するほどの事故ではないので、余程のクレーマーでなければ大丈夫だと信じています。最後に2つだけ質問があるのですが、①もちろんアメリカで有効な保険に入ってるのですが、対人保証が500万円までの制限があり、いわゆる無制限の保証に入ってません。相手側が人身、損害賠償でそれ以上の請求をしてくる可能性を心配しています。②万が一、車両事故担当の弁護士を雇わないといけない事態になった場合の、良い調べ方を教えて頂けないでしょうか?
このまま保険会社同士のやりとりで終了することを祈っております。宜しくお願い申し上げます。

1)に関してですが、それだけは何とも言えない状態です。相手がどのように出てくるのかわかりませんので。その不安は保険会社の方に伝えてみてください。むち打ち症に関しての医療補助の上限もあると思います。相手の方が無職だったり、仕事ができなかった場合、それを考慮した損害賠償がくるかもしれませんが、通常仕事をされている方だとそこまでの時間を割くことができない方も多く、煩わしいと思われる方はそこまでの訴訟をしてこないと思われます。2)弁護士さんですが、●氏名:木村原(Gen Kimura)
●現職:弁護士(木村法律事務所所長)
●前職:弁護士事務所の所属弁護士
●取得した資格:Attorney at Law (State of Texas)
●ビジネス拠点:テキサス州ヒューストン
●その他:モットーは「最後まで諦めない」。
●ウェブサイトなど:www.thegklaw.com

なかなかテキサス州での日本人弁護士さんがいらっしゃらないようです。しかも車両事故が担当の弁護士さんが見つかりませんが、この弁護士さんはテキサス州の弁護士資格をお持ちなのでそこからご紹介をしていただけるかもしれません。もちろんアメリカですので何が起こるかわかりませんが、あまり複雑に考えないようにしてくださいね。アメリカでも普通に生活をされている方はやはりこういう事故は面倒だと思われている方は多いです。何も弁償をされない、相手の医療保険もカバーしてもらえないとなると怒りますが、ある程度カバーしてもらえればそれで納得いく方がほとんどです。それを信じて保険会社さんに交渉してもらうのが一番だと思います。評価の方もよろしくお願いいたします。

legalsos2011をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中

アメリカの法律 についての関連する質問