JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
uslawyer2004に今すぐ質問する
uslawyer2004
uslawyer2004, 弁護士
カテゴリ: アメリカの法律
満足したユーザー: 256
経験:  ワシントン州及びハワイ州弁護士。シアトル空港近くにて、同じく弁護士の夫と法律事務所を共同経営。元検事。法務博士(Juris Doctor)。William Mitchell College of Law及び同志社大学卒業。
73509896
ここに アメリカの法律 に関する質問を入力してください。
uslawyer2004がオンラインで質問受付中

アメリカ在住の知人と共同経営を検討中でアメリカで事業立ち上げの準備をしています。すでに現地で会社登録は済んでおり、私も共

ユーザー評価:

アメリカ在住の知人と共同経営を検討中でアメリカで事業立ち上げの準備をしています。すでに現地で会社登録は済んでおり、私も共同経営者として出資をするために資本金の50%を日本から送金をいたしました。現地にて今後の事業計画と経営にむけての準備をしたいのですが、どのようなビザを申請すればよろしいでしょうか?まだ経営はスタートしていませんので、私の報酬はアメリカでは発生いたしません。ESTAが使えませんので、B-1がいいのかE-2ビザがいいのか判断できませんので、教えて頂けると幸いです。どうか宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12385;なみに今回は一時的な渡航で、準備が整い次第帰国してE-2(投資家ビザ)の申請をする予定です。今回の渡航期間は2か月ほどを予定しておりますが準備が整い次第の帰国となりますので、2か月未満で戻る可能性もあります。2か月というのは、登記の書き換え、現地で弁護士と相談、会社運営パンフレットなどの作成などを予定しています。

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ESTAで不法労働を疑われ入国拒否にあったということであれば、B-1で米国入国しようとすると、同じ結果になるのではないかと予想されます。ですので、こちらに書かれてある文面を拝見する限り、E-2の方がB-1より良いということが言えると思います。ご不明な点がありましたら、返信機能をご利用のうえ、続けて質問をご記入ください。

uslawyer2004をはじめその他名のアメリカの法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
38936;事館でビザが承認されても、入国審査で拒否されるのはどのような場合がありますか?たとえば、人相、服装、荷物の大きさなども入国拒否の理由になりますか?

アメリカの法律 についての関連する質問