ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 24377
経験:  精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本精神神経学会認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会専門医・指導医、日本総合病院精神医学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、産業医、臨床研修指導医
107621047
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

埼玉県の 南東部と東北部 その中間辺りに住んでます そこの腎臓内科の専門医を教えてください

ユーザー評価:

埼玉県の 南東部と東北部 その中間辺りに住んでます そこの腎臓内科の専門医を教えてください

少し、おまちください。

病院紹介に関しては、大変申し訳ありませんが、当方の規約上、こちらに特定の病院名を記載することが残念ながら難しくなります。申し訳ありません。

方法としては、専門医が在籍している医療機関を検索する方法をお示しするものと、電話相談で詳細を確認しながら進める方法があります。

電話相談であれば、病院の治療状況や実績を踏まえて説明することは可能と思います。

検索結果としては下記になります。

さいたま市

https://byoinnavi.jp/saitama/saitamashi/eu02

熊谷市

https://byoinnavi.jp/saitama/kumagayashi/eu02

東部

https://byoinnavi.jp/saitama/tobu/eu02

ご不明、心配の点について記載ください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
33102;臓って沈黙の臓器で 症状があった時はもう透析 と聞いております 夫は慢性腎臓病にあたります 本当の腎臓の検査は 尿アルブミン値が よくわかるって本に書いてあったんですけども 糖尿病の診断がなければ 保険が効かないのは変ですよね 本当でしょうか

検査の適応となる疾患を変えることはできませんが、検査が適応となる疾患は理由があって定められています。尿アルブミンが上昇する疾患では、糖尿病性腎症、動脈硬化、前立腺肥大、膀胱炎などがありますが、この中で糖尿病性の割合が非常に高いとされています。このため、全疾患について検査を行うことはできないため、割合が非常に高い糖尿病性のものだけが保険適応になっている可能性はあるでしょう。

ご不明、心配の点について記載ください。

質問者: 返答済み 15 日 前.
31958;尿病性腎症 の疑いでは検査できないでしょうか

病状が疑われれば実施可能と思います。その点は担当医の判断によります。必要時には実施できますね。

こちらの質問について、他に不明の点はないでしょうか?

Dr わかをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
25968;値的に慢性腎臓病 ですよねって確認までしたのに 尿アルブミンの検査は 糖尿病じゃないと 保険適用じゃないと 断られてしまいました なかなか近くで良い先生を探すのって大変ですね 疑問を解消してくださって大変ありがとうございます 感謝いたします

泌尿器科 についての関連する質問