ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 16376
経験:  dasdasd
107621047
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

今年1月2日間血尿があり止まりましたが、5月再び血尿があって5日ぐらい続きました。エコー、CT、細胞診断を受け、1.5セ

ユーザー評価:

今年1月2日間血尿があり止まりましたが、5月再び血尿があって5日ぐらい続きました。エコー、CT、細胞診断を受け、1.5センチの腫瘍あり、数的に多くないが増殖性病変を否定できないという結果が出ました。担当医は膀胱鏡検査を進めております。多くの経験から生検を含む前期検査は避けたいと思っています。
アシスタント: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
質問者様: 72歳、男。ロスバスタチン、ジャヌビア、クロピドグレルです。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、泌尿器科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 前述の通り腫瘍の存在が判明したので、対腫瘍薬の飲み薬による薬事療法はできないでしょうか。また、気を付ける食事はどんなでしょうか。よろしくお願いします。

ご相談ありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

現在、回答を作成しております。お待ちください。

すでにご存じで、説明不要の内容がありましたら記載をお願いいたします。

当方のシステム上、電話相談の推奨が自動で表記されてしまいます。申し訳ありません。

電話相談を希望されなければ、このままメッセージで進めてください。

「対腫瘍薬の飲み薬による薬事療法はできないでしょうか。また、気を付ける食事はどんなでしょうか。」

→ 膀胱がんの治療法には手術、放射線療法、化学療法、膀胱内注入療法であり、いずれも点滴や照射といった内服以外の方法です。膀胱がんに対する現時点での内服治療は効果的なものがありません。下記のような臨床研究レベルの治療も確認しましたが、内服で効果的な方法は示されておりません。

https://rctportal.niph.go.jp/result?t=chiken&q=%E8%86%80%E8%83%B1%E3%81%8C%E3%82%93&l=10&s=0&date%5Bdate_item%5D%5B0%5D=none&date%5Bstart_date%5D%5B0%5D=&date%5Bend_date%5D%5B0%5D=&other%5Bother_item%5D%5B0%5D=none&other%5Bkeyword%5D%5B0%5D=&other%5Bnegative_keyword%5D%5B0%5D=

食事では免疫力を保つよう、ビタミンCやビタミンDを多く、栄養素をまんべんなくとることが大切と思います。

初回の回答であり、ご相談者様がどこまでの情報をお持ちであるか不明のため、一般的な情報を中心に記載しました。

こちらからは相談者様がどの程度までの知識をお持ちであるか不明のため、初回の記載内容を理由にマイナス評価をつけることは避けてください。

回答を読んでいただいたうえで、特にご不明・心配の点についてご記載をお願いいたします。

また、ご質問を終了の際には、画面右上の「評価」から星印の数を選択し、終了をお願いいたします。

Dr わかをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問