ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 4706
経験:  dasdasd
108057004
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

85歳の父について。尿閉になり、入院中です。4日間欠導尿をしましたが、自力では出せない状態です(軽い認知症があるため、自

ユーザー評価:

85歳の父について。尿閉になり、入院中です。4日間欠導尿をしましたが、自力では出せない状態です(軽い認知症があるため、自己導尿は困難)。医師から「高齢でもあり、そろそろ施設に帰る方がよい。一時期1000ml溜まっていたので、膀胱壁が伸びて治らないと思われるので、バルーンカテーテルを入れてdibキャップで留める」と言われました。留置カテーテルは感染症の危険性もあるので心配です。治る可能性は本当にないのでしょうか。また、カテーテルをそのままずっと定期的に入れたり出したりして過ごさなくてはならないのでしょうか。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 85歳、男性。服用薬はロスバスタチン、クロピドグレル、ランソプラゾール、ニフェジピン、フェブリク錠、セレコックス錠です。医師は、薬は関係なく、前立腺肥大も少しあるが、それが原因でもない。原因は分からない、とおっしゃいます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、泌尿器科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 退院時に留置カテーテルにすると、その後、施設の看護職員が対応することになりますが、そのままカテーテル留置で諦めなければならないのかと想像すると、本人ともども、とても辛いのです。色々と関係するHPを調べえると、カテーテル留置は寝たきりなど幾つかの状況に限る、とも書かれています。父は1週間の入院で少し足腰は弱りましたが、まだまだゆっくりと歩くことができ、気力もあります。

対応をさせていただきます。よろしくお願いします。現在回答を作成していますので、もう少しお待ちください。

ご心配のことと思います。

「治る可能性は本当にないのでしょうか。また、カテーテルをそのままずっと定期的に入れたり出したりして過ごさなくてはならないのでしょうか。」
→尿閉になった原因にもよってくると思います。
主治医からは尿閉の原因は何と説明を受けていますか?
前立腺肥大からの尿閉であれば、前立腺肥大への手術など物理的尿道狭窄を解除しないとバルーンを外すことは難しいと思います。
ただ前立腺肥大が原因ではないとのことであれば神経因性膀胱が可能性として高いように思います。
神経因性膀胱などが原因であれば神経因性膀胱に対する治療薬を内服することでバルーンを外すことができるようになる可能性はあると思います。
現在、神経因性膀胱への治療薬を内服されていないようですので、処方してもらい内服をしばらくしたうえで、いったん抜去を試みてもいいと思います。

以上、一般的な内容について書かせていただきました。追加のご質問・疑問点などがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

DoctorHeartをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
21069;立腺肥大が原因ではないと言われています。医師からは、すでに4日前に「薬を使ってみましょう」と言われているので、もう何らかの薬(おそらく先生がおっしゃる神経因性膀胱への治療薬かもしれません)を処方されているのだと想像します。医師は「ご本人が尿意を感じても出す力がないのでは?」とおっしゃいますが、とにかく「原因は分からない」のだそうです。

少し今手が離せないため、少しお待ちください。

お電話するときに、こちらでまたご連絡させていただきます。

15-30分以内にはご連絡できると思います。

よろしいでしょうか?

質問者: 返答済み 8 日 前.
35242;身に相談になっていただき、また詳しい説明を下さり、ありがとうございました。

どういたしまして。何かありましたら御相談下さい。

泌尿器科 についての関連する質問