ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DoctorHeartに今すぐ質問する
DoctorHeart
DoctorHeart,
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 4637
経験:  dasdasd
108057004
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
DoctorHeartがオンラインで質問受付中

こんばんは。 こんばんは。

ユーザー評価:

こんばんは。
JA: こんばんは、どういった事でお困りですか?
Customer: こんばんは。
JA: こんばんは、どういった事でお困りですか?
Customer: 母が尿管結石の手術の後、閉尿となり、管をつけたまま退院となりました。そのまま詳しい説明もなく、何かありましたらまた来てくださいと言われたのですが、このまま管がとれないということでしょうか。認知症があり、施設でお世話になっています。管を取らないようグローブをはめて生活しているようですが、なるべくなら管を取って楽にしてもらいたいです。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 年齢は78歳 女性
JA: ありがとうございます。上記の他に、泌尿器科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 手術前ですが服用中の薬はメマリー、ドネベジル塩酸塩錠、マグミット錠とあります。施設の常勤医が処方しているので、メマリー以外は効能はわかりません。

対応をさせていただきます。よろしくお願いします。現在回答を作成していますので、もう少しお待ちください。

ご心配のことと思います。

尿管結石や尿管結石の手術の影響で尿閉になることはありませんので、尿閉の原因はほかにあると考えたほうがいいと思います。
高齢であるということを考えると、神経因性膀胱からの尿閉の可能性が高いように思います。
主治医から説明がなかったのであれば、ご家族だけでもいいですから、一度受診をしていただき、なぜ尿道バルーンを留置したままの退院なのか、管を抜けないのかについて説明をきちんとしてもらうべきと考えます。
神経因性膀胱であれば、治療薬を開始していただいた後に管を抜けば、抜去することは可能と思います。
神経因性膀胱が疑われ尿道バルーンを入れたままでの退院であれば、その治療を開始してもらうといいと思います。

以上一般的な内容について書かせていただきました。追加のご質問点・疑問点がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございました。相談は別の病院でもいいでしょうか?受診時から対応が悪く 手術前もこのようなことになる可能性の説明もありませんでした。正直 この病院には行きたくないです。

御返事ありがとうございます。

「相談は別の病院でもいいでしょうか?」
→別の病院でも問題はないと思います。ただしその場合はご本人様も一緒に受診をしていただかないといけませんので、一緒に受診をされてくださいね。

DoctorHeartをはじめその他2 名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございました。追ってまた相談させて頂きます。

どういたしまして。また何かありましたらご相談ください。

ご評価ありがとうございました。小生の名前のリンクにある質問欄から直接小生あてに質問も投稿いただけますのでご活用ください。

泌尿器科 についての関連する質問