ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr わかに今すぐ質問する
Dr わか
Dr わか, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 9058
経験:  dasdasd
107621047
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr わかがオンラインで質問受付中

こんにちは。59歳女性です。先週木曜日から強い尿意があり、膀胱炎かと考えて泌尿器科を受診しました。抗生物質等投与されまし

ユーザー評価:

こんにちは。59歳女性です。先週木曜日から強い尿意があり、膀胱炎かと考えて泌尿器科を受診しました。抗生物質等投与されましたが、よくならず昨日過活動膀胱かと言われ、心療内科で抗コリン剤も処方されました。未だ良くならず強い尿意が続いています。治療は別にしてこの強い尿意は薬では取れないのでしょうか?また治療に鍼灸は効果を期待出来ますでしょうか?ご回答よろしくお願いいたします。
JA: 了解いたしました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 59歳女性
JA: ありがとうございます。上記の他に、泌尿器科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 今処方されているのはグレースビット錠、オキシブチニン塩酸塩、ジアゼパム錠、めまいのベタヒスチンメシルです。

ご相談ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。
現在、回答を作成しております。お待ちください。

「治療は別にしてこの強い尿意は薬では取れないのでしょうか?また治療に鍼灸は効果を期待出来ますでしょうか?」

→ 尿意を引き起こす過活動膀胱に対してはいくつかの治療薬があります。抗コリン薬以外に、膀胱の筋肉を弛緩させる薬(ブラダロンなど)、漢方薬、三環系抗うつ薬などが使用可能です。鍼灸の効果はデータがないため不明ですが、前述の薬は使用された方がよろしいと思います。

ご不明、心配の点について記載ください。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;回答ありがとうございます。2点ほどお聞きいたします。現在処方されている抗生物質ですが、どの程度の期間飲むものでしょうか?(下痢症状もあるので) また、ご回答中の薬で強い尿意が収まる可能性はあるのでしょうか?(つまり尿意のみを抑える薬というものは存在するのでしょうか?)

「現在処方されている抗生物質ですが、どの程度の期間飲むものでしょうか?(下痢症状もあるので)」

→ 通常は2週間が目安です。下痢があり、早めに止めることも検討する際には尿検査を行って、菌が消えていることを確認することによって早期に服薬を終了できる可能性はあります。

「ご回答中の薬で強い尿意が収まる可能性はあるのでしょうか?(つまり尿意のみを抑える薬というものは存在するのでしょうか?)」→ 記載の薬剤は、いずれも尿意と実際の頻尿を抑える目的で使用されるものです。効果が得られれば、尿意は改善されるでしょう。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12372;回答ありがとうございます。もう一つ質問させてください。「頻尿」の定義なのですが、実際には尿が出なくても尿意がある場合は頻尿とされるのでしょうか?尿の量は普通なのでトイレにいけば少しづつ出ますが、実際には我慢するので約1時間半に1回程度なのですが・・  頻尿を抑える薬というのは、膀胱に対してどのような働きをしているのでしょうか?

「実際には尿が出なくても尿意がある場合は頻尿とされるのでしょうか?」

→ 尿がでなくても尿意があれば尿意の亢進と考えられます。

「尿の量は普通なのでトイレにいけば少しづつ出ますが、実際には我慢するので約1時間半に1回程度なのですが・・」

→ このように尿が少しでもでるのであれば、頻尿と考えられます。

「頻尿を抑える薬というのは、膀胱に対してどのような働きをしているのでしょうか?」

→ 膀胱の異常な収縮を和らげる、膀胱の筋肉の緊張を和らげることが作用になります。抗うつ薬などでは、尿が出そうという尿意の出現自体を和らげる作用も期待できます。

Dr わかをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12394;るほど、わかりました。ありがとうございました。

泌尿器科 についての関連する質問