JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tenに今すぐ質問する
ten
ten, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 5951
経験:  勤務医
99857541
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
tenがオンラインで質問受付中

41歳男性です。酒の飲みすぎでアルコール性肝障害と高尿酸血症,

質問者の質問

41歳男性です。酒の飲みすぎでアルコール性肝障害と高尿酸血症
JA: 了解しました。恐れ入りますが、年齢と性別、服用中のお薬があれば教えていただけますか?
Customer: 41歳男性です。酒の飲みすぎでアルコール性肝障害と高尿酸血症と診断されました。薬はトピロリック(尿酸生成をおさえる薬)を1ヶ月のみました。酒のかなり控えて、1ヶ月後の再検査で肝機能はよくなり尿酸値もかなり改善(10以上→7.9)になりました。しかし、腎機能についてですが、酒を飲んでいたころは℮GFR(75くらい)で変化なしであったのに1ケ月で72に下がりました(健康診断基準では60以上正常)。以前にも同じ診断を受けて酒を控えておりその時は肝機能は改善したのに腎機能は(月ごとに)さがっていました。その時もいまも今と同じ薬とサプリ(尿酸をさげるもの、腎機能をよくするものらしい)を2,3種類のんでいました。それが原因かわかりませんが、なぜ腎機能だけ低下するのかよくわかりません。一応正常範囲内で医者は特になにも言いませんでしたが気になります。年齢とともに下がるらしいですが、それにしてもなにか他に原因があるのではないかと思います。
JA: ありがとうございます。上記の他に、泌尿器科医に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません。健康診断の範囲では上記以外は特に異常なしです。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 泌尿器科
専門家:  ten 返答済み 1 月 前.

回答を担当する医師です。よろしくお願いします。後ほど回答しますので少々お待ちください。
なお、回答者は、本業、食事、睡眠等の合間の時間に回答業務を請け負っておりますので、時間帯によっては返信を長時間お待たせする可能性もあることを予めご了承ください。

専門家:  ten 返答済み 1 月 前.

eGFRの72と75は悪化したといいません。医師が見れば、横ばいととります。
ですので、貴方の腎機能は悪化していません。横ばいです。
3くらいの数値の変動は悪化ととりません。測定するごとに毎回毎回3ずつ下がっていれば問題ですが、恐らく次回測定しても70~76くらの範囲で横ばいでしょう。その次そくていしても70~76くらの範囲で横ばいでしょう。
eGFRの計算の元になるクレアチニンは身体の水分が多い少ないで薄まったり濃くなったりしますので毎回微妙に変動します。
生活を改善したので身体の余分な塩分が排泄されて、余剰な水分が排泄されクレアチニン濃度が若干上昇したのだと思います。ですので貴方の本来の値は72くらいでしょう。
不摂生していると身体が浮腫んで余剰水分が溜りますのでクレアチニンが薄まって見かけ上ちょっとだけ腎機能が良くなったようにみえますが、これは単なる見かけ上の話で本当に良くなったわかではありません。
ちょっと汗をかいてかいて脱水気味になればクレアチニンは上昇しますし、eGFRが3動いたからといってそれは水分の過不足による見かけ上の変動なので、医師から見れば貴方の腎機能は横ばいです。

泌尿器科 についての関連する質問