JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tenに今すぐ質問する
ten
ten, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 1837
経験:  勤務医
99857541
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
tenがオンラインで質問受付中

76歳の男性です。1~2年ほど前から段々男性器が短く、細くなってなってきており、今にも腹の中に埋もれてしまうのではないか

ユーザー評価:

76歳の男性です。1~2年ほど前から段々男性器が短く、細くなってなってきており、今にも腹の中に埋もれてしまうのではないかと心配です。排尿には今のところ問題ありません。手術歴は2015年1月に大腸がん(腹腔鏡にて手術、ステージ1B、直後は人工肛門を付けていましたが、6ヶ月後取れ、特に問題ありません。今年1月に手術後2回目の大腸内視鏡検査も問題ありませんでした。また、2015年11月に右股関節に人工関節を入れ、これも特に問題ありません。その他、生活習慣病(糖尿、高血圧、高脂血症)で1カ月1回の
検査を受けております。昨年9月に受けたPAS検査も問題ありませんでした。
体重75キロ、下腹に大分脂肪が付いております。また、脊柱管狭窄症にて整形外科にて、リハビリを受けております。薬はそれぞれの病気にて服用しております。
どのような病院にてどのような治療をすれば良いのでしょうか。
回答宜しくお願いいたします。浜松市南区在住 オズミ

質問ありがとうございます。

下腹に大分脂肪が付いております、生活習慣病あり、とのことから、肥満により、男性器が下腹部の脂肪に徐々にうずもれていっている状態ではないかと想像致します。

一番は、食事運動療法で体重を減らす事になると思いますが、多数の生活習慣病を抱える方は、全身の血管に動脈硬化を激しく起こしている可能性があり、急に運動すると狭心症や心筋梗塞を起こすことがあるので、運動療法の可否については、生活習慣病の主治医にまずは相談して許可を得てください。

食事療法はいまからすぐにでも開始していただいて結構です。

病院の受診については、念のため、泌尿器科を受診してください。

泌尿器科の疾患ではないかどうか、除外しておく必要があります。

その結果、泌尿器科的な疾患は除外されましたら、上記のように体重を減らす努力をされてください。

tenをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12372;回答有難うございました。もし、このまま埋もれた場合、尿が出なくなることはありませんか。その場合手術をするのでしょうか。その他重大なことが
起こりませんか。もし手術をする場合、保険は適用されますか。入院日数、完治日数は? ご回答をお願いします。

今から食事や運動に気を付けて減量していけば、このまま埋もれるということはありません。

頑張ってダイエットされてください。

腹部の脂肪吸引は保険適応ではありませんので、申し訳ありませんが費用や入院日数などは分かりかねます。(保険医ですので保険適応外の美容整形外科の領域については存じ上げません。)

生活習慣病(糖尿、高血圧、高脂血症)があるということですので、そういう意味でも減量や食事療法を行うことは必須だと思います。

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12372;回答有難うございました。頑張って減量に励みます。既に2キログラム減量出来ました。今回で相談を終了します。有難うございました。

お大事にされてください。

泌尿器科 についての関連する質問