JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tenに今すぐ質問する
ten
ten, 泌尿器科医
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 1265
経験:  勤務医
99857541
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
tenがオンラインで質問受付中

前立腺がんのことで相談させていただきます。

ユーザー評価:

前立腺がんのことで相談させていただきます。
現在62歳です。主な既往歴としては2015年2月に急性心筋梗塞を起こし、心臓ステント留置で処置済みです。
年に一回人間ドックでPSA値を検査しています。
2017年昨年9月の人間ドックでPSA値:6.3で要精密検査となりました。
東京腎・泌尿器科センターにて生体検査を勧められ、受けました。
検査は触診・超音波検査なしで定型的16か所検査をしました。(PSA値:4.59)
結果は「16か所いずれも、前立腺戦艦孝蔵の二重構造がたもたれています。fibromuscular hyperplasiaは軽度です。activeな炎症細胞浸潤認められません。明らかな悪性像を示唆する所見は認められません。」との結果でした。
昨年12月28日位から、頻尿、残尿、排尿痛等の症状が出て正月の間は一般内科で抗生物質を処方されていました。その時(1月12日)測定したPSA値:29.6が測定されました。現在各症状は多少回復しています。
東京腎・泌尿器科センターにおける前回の生検(触診・超音波検査なし)の対応からして少し信頼性を欠きます。治療法によっては病院を変えることも考えています。
低侵襲な治療を望みます。
HIFUの信頼性および全摘出ならダヴィンチで思っていますが、今後の対応と前期治療法の信頼性についてお教え願います。

質問ありがとうございます。

昨年年末の症状は前立腺炎と思われ、PSAの上昇はそれによる影響が大きいと思います。

まずは、前立腺炎を治してPSAを再検する必要があると思われます。

低侵襲な治療を望みますとのことですが、前立腺がんになっていなければ、まずは治療の必要がありません。

今後の対応についての質問ですが、現時点で恐らく質問者様はご自身が前立腺がんではないかと疑っておられるということですので、まずは泌尿器科専門医の在籍する病院でセカンドオピニオンを受けることになると思います。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
26089;々の回答ありがとうございました。
前立腺炎とはどんな病気で検査・治療方法はどんなものでしょうか。
セカンドオピニオンの受け方が良く分かりません。
たとえば、セカンドオピニオンを受けた病院で継続して診療してくれるのか?
それとも生体検査をした元の病院で治療するように勧められるのか?
今後の治療結果においては引き続き相談を受けたい場合の費用はどのようになりますか?

前立腺炎は読んで字のごとく、前立腺に炎症が起こる事です。細菌感染によることが多いです。

頻尿、残尿、排尿痛等の症状が出ます。

治療は、既にされているように、細菌を殺す抗生物質の投与になります。

セカンドオピニオンを受けた病院で継続して診療する場合もありますし、ただ意見を聞くという場合もあります。

セカンドオピニオン外来という名前がついているところは、一般的に治療方針に関する客観的な意見をきくだけの場合が多いです。

その意見をきいて、元の病院で治療するか、別の病院にかかるかはご自身が決めます。

セカンドオピニオン外来ではなく、泌尿器科を受診する場合は、そこの医師の話をきいてそこがいいと思えばそのままそこで治療をされればいいと思います。

>今後の治療結果においては引き続き相談を受けたい場合の費用はどのようになりますか?

→これは、どのような診療を行うかで料金が変わってくるので、今の段階でお答えすることはできません。

健康保険でカバーされますので、普通に病院にかかるときの料金と考えられたらいいと思います。

セカンドオピニオンに行く際は、これまでの検査結果や経過を今の病院の担当医に言って紹介状に記載してもらう必要があります。

tenをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問