JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 泌尿器科
満足したユーザー: 835
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 泌尿器科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

79歳、男性です。専門医より透析を宣告されました。血液透析か、腹膜透析かを選択する様に急いでいます。自分では腹膜透析に興

ユーザー評価:

79歳、男性です。専門医より透析を宣告されました。血液透析か、腹膜透析かを選択する様に急いでいます。自分では腹膜透析に興味を持っていますが、むずかしい様で迷っています。          検査数値は 蛋白3+。 潜血+-。 クレアチニン4.43。 尿素窒素59. カリュウム5.6.です。   ご意見をお願いします。    松本勝也

ではメリット、デメリットをまとめてすぐに送信いたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
23452;しくお願い致します

血液透析のメリット
・医療施設ですべての行為を行うため通院するだけでよい。
・週4回は透析がないため、ない日とある日が予めわかり、日々の計画を立てやすい。
血液透析のデメリット
・週3回の通院、1回4-5時間拘束される。
・頻脈などになりやすい。
・針刺しが痛い
・頻回の通院が必要
・過疎地域は透析施設が少ない。
・水分やナトリウム、カリウム(野菜など)の取り過ぎに注意しないといけない。

腹膜透析のメリット
・通院(月1回程度)が少なく、時間的な拘束はない。
・1日4回ほど交換が必要。自宅や勤務先でスケジュールできる。
・心臓などへの負担が少ない。
・食事制限が血液透析よりは少ない。
腹膜透析のデメリット
・おなかの違和感はある。
・毎日束縛されてしまう
・自分で行うための負担がある
・少しはいいかと手を抜いてしまう。
・管理がいい加減だと感染症や尿毒症などを引き起こしてしまう。

となります。参考になればよいのですが。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22823;体想像をしていた様なご回答でしたが参考にして決めたいと思います、有難うございました。

また星のところをクリック頂きご評価いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Dr.なかむらをはじめその他名の泌尿器科カテゴリの専門家が質問受付中

泌尿器科 についての関連する質問