ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
saitoに今すぐ質問する
saito
saito, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 5821
経験:  法律 民事、刑事、契約、会社設立など 何か分からなことがありましたらお気軽にご相談ください。よろしくお願いします。
104549551
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
saitoがオンラインで質問受付中

道路交通法についての質問です。

ユーザー評価:

道路交通法についての質問です。ノンアルコールビール(添付画像)を飲んでから自動車を運転した場合、道路交通法違反にあたるのでしょうか。宜しくお願い致します。

お世話になります。

ノンアルコールビールといっても、アルコール0.00%の商品もあれば、0.1%から0.9%の微量のアルコールが含まれているものまで様々なものがあります。

そのため、アルコール0.00%の商品であれば、どれだけ飲んだとしても体内からアルコールが検出されることはなく、アルコールによって運転能力、判断力などが低下することはないため、酒気帯び運転にはなりません。

しかしながら、わずかなアルコールを含んだノンアルコールビールでも、短時間に大量に摂取した場合は、体内のアルコール濃度が酒気帯び運転の基準に達することもあり得ます。

酒酔い運転というのは、呼気に含まれるアルコールの量による判定ではなく、まっすぐに歩くことができない、正常に受け答えができないなど客観的に見て酔っている状態を指しますので、お酒に非常に弱い方や体調が悪い場合は、ノンアルコールビールを飲んだ後の、車の運転は控えたほうがいいでしょう。

saitoをはじめその他3 名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;回答いただき、どうもありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

よろしくお願いします。

交通事故 についての関連する質問