ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
followに今すぐ質問する
follow
follow, ビジネス法務エキスパート
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1687
経験:  知的財産修士(専門職)
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
followがオンラインで質問受付中

車と自転車の事故 当方自転車一時停止で完全に止まらず交差点で車と接触 全身打撲

ユーザー評価:

車と自転車の事故
当方自転車一時停止で完全に止まらず交差点で車と接触 全身打撲
人身事故にした場合の刑事罰と過失割合はどうなりますか?

ご質問ありがとうございます。

自転車と自動車の交差点での衝突で、自転車側に一時停止の規制があったということですね。

この場合ですと、一般的に4:6が基本的な割合となり、あとは個別の事情によって調整が行われることになります。

人身事故としての処理になった場合、相手方が刑事罰を受けるかどうかは、その責任の程度、怪我の程度、相手方が処罰を望むかどうかなどにより、総合的に判断されることになります。

質問者: 返答済み 1 月 前.
21152;害者が被害者に刑事罰をのぞむかということですか?

その通りです。

重傷事故であれば、被害者が望まなくても起訴される可能性はありますが、処分の重たさに反映します。

軽症事故であれば、そもそも起訴されないケースも多いです。

followをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問