ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 6062
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

昨日も質問したものです。 やはり高速道路でも死亡事故は不起訴にはならないのでしょうか?

ユーザー評価:

昨日も質問したものです。
やはり高速道路でも死亡事故は不起訴にはならないのでしょうか?

こんにちは。

死亡事故だからといって、必ず起訴される訳ではありません。

交通死亡事故と言っても、過失犯か故意犯かにより刑罰は大きく変わります。

過失運転致死の量刑は7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金ですが、罰金刑や、懲役刑でも執行猶予が付く可能性が高いです。

平成30年の第一審では、過失運転致死罪で懲役刑・禁固刑を受けた約1350人のうち約95%が執行猶予付判決、実刑判決を受けた人の約80%が懲役3年未満という結果で、罰金刑や不起訴となった人もいます。

ご相談者様の場合は、お伺いした事故内容から、不起訴の可能性も充分にあり得るかと存じます。

(あくまでも個人的な見解です)

質問者: 返答済み 17 日 前.
20998;かりました

昨日、おおよその民事の過失割合をお伝えしましたが、刑事でも似通った判断に至る可能性があります。

その場合、不起訴もあり得るかと存じますが、これは検察官のが判断となります。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
12381;うですね
待ちたいと思います
質問者: 返答済み 16 日 前.
12420;はりこの場合弁護士さんに刑罰が決まる前にお願いしたほうがいいですよね

交通事故 についての関連する質問