ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1714
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。再びご質問を失礼いたします。持病が明らかに交通事故により悪化してしまった場合、後遺症認定するためには、

ユーザー評価:

お世話になります。再びご質問を失礼いたします。持病が明らかに交通事故により悪化してしまった場合、後遺症認定するためには、医師からのどのような診断が必須でしょうか?

治療をしたが治らない症状が残ってしまっているという診断が必要です。症状が後遺障害診断書を作成するのは医師ですが、後遺障害診断書には「自覚症状」を記載する欄があります。後遺障害診断書はすべて医師が作成するものですが、自覚症状だけは被害者本人にしかわからないことです。作成をしてもらう際には、残っている症状について、もれのないように伝えることが大事です。首の痛み、右手のしびれ等、どの部位にどのような症状があるかをきちんと伝えましょう。

bonds-gyoseiをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中

交通事故 についての関連する質問