JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 127
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

交通事故被害者です。被害にあったのは婚約者です。

質問者の質問

交通事故被害者です。被害にあったのは婚約者です。 【状況】・仕事中の交通事故で、相手が全面的に悪い状況で割合は85:15です。相手は軽自動車、こちらは郵便配達のバイクです。・舟状骨骨折、小指骨折、肋骨へのヒビ、腕への大きな切り傷(3針)の大けがでその日(昨年9月)から本日に至るまで仕事を休んで治療しています。労災保険ではなく、相手の非が多いため相手の任意保険で治療費を全額負担されている状況です。休業補償も出ていますが基本給のみでとても割に合いません。(配達の為の外務手当やボーナスが加味されていない)・舟状骨骨折部、小指は神経痛のような鋭い刺すような痛みが取れず、大量の薬を服用しています。腕への切り傷の縫い後も消えません。・利き腕の舟状骨骨折のため、日常生活に支障をきたしています。車が必要な場所に住んでいますが、車の運転も出来ず、最近まではペンを持つことすら出来ませんでした。冠婚葬祭や子供(私の連れ子になります)の行事など代えがたい予定が沢山はあったにもかかわらず、出かけることが出来ず精神を病んでしまいました。死にたい、消えたい、という不安定な状況にまで陥っています。精神科にも通っています。・相手からきちんとした謝罪もなく、笑いながらかかってきた電話1本のみで誠意も何もありません。・事故のせいでドラムを叩くこと出来なくなり、演奏活動にも支障をきたしています。(冠婚葬祭での演奏依頼等があったのですが満足いく演奏は出来ませんでした)・7月まで医師の診断書によりお休みをいただくことになっています。舟状骨、小指ともに骨はくっついたとの診断を受けました。残ってしまっている神経痛に対して7月まで治療を続けることになると思います。それでも治らない場合は症状固定で後遺症認定を頂き治療を終わることになるのではないかと思います。 ●事故によって、働けなくなり結婚その他手続き等に支障をきたしました。演奏も行えない状態になりました。大切な行事にも参加できず苦しみました。本人は毎日苦しんでします。バイクの運転も今は出来ませんし7月以降も職場に戻れるのかわかりません。休業になるためボーナスの支給も見込めません。8年務めているにもかかわらず、昇給や試験、研修などもすべて受けられません。 ●それまでの治療費全額+通院慰謝料+後遺症慰謝料+これらにより与えられた精神的慰謝料の請求を行いたいです。様々な事例があると思いますので、体験談やこのようにしたらどうかというアドバイスを頂けないでしょうか。結婚の時期も、子供の小学校入学までに環境を整えるために動いていた矢先の出来事で、全てにおいて生活に支障をきたしています。このまま泣き寝入りはしたくありません。お力を貸していただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。 【年齢】30歳男性 【職種】郵便配達員 【年収】440万円 【通院期間】6か月(7月まで通院予定があるためその場合10か月)
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: 交通事故
専門家:  koutouji 返答済み 4 ヶ月 前.

後遺症がどの程度残るかですね。

損害は、後遺症認定後の査定になりますが、保険会社の方で

計算書を提示してくるのが普通ですね。

慰謝料額が弁護士会基準とずれが出ますので、その交渉ですね。

ライブ活動などについては、加害者にとって、予測できない事柄の

ため、損害に加えることは難しいでしょう。

ボーナス減については、損害になりますね。

昇給についても確実性が高ければ損害になるでしょう。

バイクは弁護士特約が付いていないのでしょうね。

事故内容からみると、お近くの弁護士を付けた方がよい

かも知れませんね。

治療費は支払われているでしょう。

休損も一部は支払われていませんかね。