JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 交通事故
満足したユーザー: 1008
経験:  行政書士 知的財産修士
62663831
ここに 交通事故 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

初めまして。 高橋と申します。 ご相談で御連絡させてもらいます。 先日、都内で40キロ規定で23キロオーバーでネズミ取りにあいました。 ただその場所ではスピードの紙と名

ユーザー評価:

初めまして。
高橋と申します。
ご相談で御連絡させてもらいます。

先日、都内で40キロ規定で23キロオーバーでネズミ取りにあいました。
ただその場所ではスピードの紙と名前のとこに拇印をし、後日出頭してくれとのことでした。私はその時忙しいから早くキップを切ってくれと頼んだんですが、後日出頭してくれで終わってしまいました。
その時は青キップも告知書も何ももらっていません。
その次の日、電話がかかってきて警察署に平日、出頭してくださいとの連絡がありましたが、私は平日は忙しいから行けないと伝えると、土曜日に隣りの県の私の自宅までくると連絡がありました。
それで質問です。

一、その場で青キップを切らない、 告知書も渡さない。
後日切る青キップは道交法126条に反してないか?
無効にならないか?

二、埼玉に移管してくれと頼んだら、それは厳しいと。
そしたら土曜日に隣りの県の自宅まで来ること。私服で来るとのことでした。
これは問題にならないか?

三、これはじたばたせず、諦めて自宅まできたらサインして反則金を払ったほうがよいか?

上記、内容で悩んでます。是非ともアドバイスくださいませ。
よろしくお願いいたします。

法律上時間的な概念を表す言葉としては、
直ちに < すみやかに < 遅滞なく
と、だんだん制限が緩やかになっていきます。
ただ、いずれの場合もそれぞれの用法や前後の文脈なども
考慮した上で考えることとされており、一概に何日以内ならOKで、これを
すぎるとダメであるとい定義付けすることはできません。


この条文がすみやかに交付するように定めているのは、いわゆる青切符が
反則金を支払えば、刑事処分にはしませんよ、という運転者の権利を告知
する重要な書面であるためです。つまり、交付されないまま、運転者の
知らない間に、起訴されて(反則金ではなく)罰金刑になったということに
ならないための規定であって、違反したその場で交付しなければならない
といった性質のものではありません。また、実際に違反時にその場で交付

されるのが一般的ある一方で、後日反則キップを作成することも、

諸事情に応じて多数行われています。


また、今回の交付遅れについては、ご質問者様がお急ぎであったことや
平日時間がとれないことに配慮してのことだと考えられます。
このまま警察官が交付しようとせずに、いきなり検察庁や裁判所から
呼び出しがきた、ということになれば問題がありますが、今回のケースを
拝見する限り、問題はみあたりません。

違反の内容や状況によって、違反地の警察に移管されるケースは確かに
ありますが、これは権利として要求できるものではなく、実務上の配慮
として行われる場合があるにすぎません。また、警察官としても訪問の
配慮までしていることから考えて、問題があるとは考えにくいです。

もし、違反時の検挙内容に関して、ご測定の疑いがあるなどの不服が

あるようであれば、安易にサインするのではなく、必要に応じて争う姿勢を

持つことは大切だと考えます。しかし、今回の検挙後の対応について

手続き不備を疑われているのであれば、ご質問を拝見する限り、不備

らしき対応は見当たりませんので、反則金を支払って、手続きを終わら

せる方がよろしいものと思料致します。

houmuをはじめその他名の交通事故カテゴリの専門家が質問受付中