JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Catosuriに今すぐ質問する
Catosuri
Catosuri, 二級自動車整備士
カテゴリ: トヨタ
満足したユーザー: 33
経験:  I was working for TOYOTA garage for 10years.I have a 1st grade of TOYOTA official license
60361493
ここに トヨタ に関する質問を入力してください。
Catosuriがオンラインで質問受付中

2013年式 ブリウスGですが、感覚的に左前、左後ろが少し下がった

質問者の質問

2013年式 ブリウスGですが、感覚的に左前、左後ろが少し下がった
ように感じ、ホイールアライメントを測ってもらいましたが、前のキャスターが左右少し立った数字で問題なく、後ろは右のトウが+3mm
で少し内向きで後ろは調整不可と言われました。
どうしても左前、左後ろ下がった感じがしてディーラーに修理が出来ないか聞いていますがとこが悪いかわからないようです、ハブを4個
交換して感覚は良くなりましたが、どの部品を交換したらいいでしょうか。
投稿: 4 ヶ月 前.
カテゴリ: トヨタ
専門家:  9circle 返答済み 4 ヶ月 前.

自動車整備の9circleと申します。

ご相談の内容を拝見しました。

すべてのサスペンションアームの支点を緩め、接地安定状態で規定トルクで締めなおすと改善がみられることがあります。

こちらはすでに実施済でしょうか。

また、走行距離が7万キロ程度そうこうされていると、ショックアブソーバの劣化(封入ガスの漏出)があり、車高変化が現れる場合がありますが、いかがでしょうか。

お返事お待ちしております。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
36208;行距離は、15万キロ程ですが、9万キロ位で、アクスルビーム、左右のショック、スプリングを交換しています。その後アライメント測定を行い
前は、キャスターのみ左+4゜59、右+4゜54で1゜立っていますその他は規定値です。後は個別トウ、左-0.3ミリ、右+3.1ミリで右が内向き
です。ショックの劣化だとすれば前だと思いますが、何か目視で分かりますか、検査方法が有れば教えてください。
専門家:  9circle 返答済み 4 ヶ月 前.

詳しい情報のご提供ありがとうございます。

リアはアクスルビームでアライメントの調整は基本的にできませんが、ボディーに固定しているボルト2本の「遊び」が少しありますので、その範囲で微調整は可能です。左右のトーの中間は狙えるかもしれません。

フロントのキャスターについても、基本的に調整できませんが、フロントのサスペンションメンバーに取り付けボルトの「遊び」が少々あります。締め付け位置を工夫すればキャスター角の改善方向に向けられるかもしれません。

ショックの劣化は取り外してピストンロッドを押し込み、その反発力で良否の判断を行うのが確実です。オイル漏れは分解しなくても容易に判別できますが、ガス漏れは難しいと思います。

ショック交換時にアッパーマウントの交換はされましたか?車高変化に関係ある部位です。

質問者: 返答済み 4 ヶ月 前.
12300;サスベンションアームの支点」のことは、アクスルビームとボディとの取り付けボルト、2ケ所の事でしょうか?
専門家:  9circle 返答済み 4 ヶ月 前.

「サスペンションアームの支点」は仰せのリアアクスルビームとボディとの取付ボルトの他、リアショックアブソーバとアクスルビームの取付ボルト、フロントロワーアームとサスペンションメンバーの取付ボルトも含みます。

トヨタ についての関連する質問