ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 6004
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

税務(個人所得税)にお詳しい方お願いします。

ユーザー評価:

税務(個人所得税)にお詳しい方お願いします。
はじめまして。
どのようなご質問でしょうか?
質問者: 返答済み 6 日 前.
12354;りがとうございます
質問者: 返答済み 6 日 前.
20107;業所得(白色申告)、もしくは雑所得で申請しようとしている兼業ワーカーです。白色申告で3つお伺いしたいです。〜経緯〜
去年の方が経費が多く、総所得を減らせそうだったので、12月28日〆、今月末日払いの売掛債権(A社あて請求書100万)を、去年の12月内に友人Bに買取ってもらいました。(手数料(金利)は月利1%ないし、1万円のどちらか低い方としました。)いわゆる2社間ファクタリングを個人間でやった形です。買取に関する現金の収受や書面も昨年内に完了しています。
近日中に買戻しの処理もあった際に行う予定です。蛇足ですが、友人は貸金業者ではありませんが、他に貸金やファクタリングもこちらからの提案の一回のみなので、業としておこなってはいないです。〜質問〜①現金主義の特例と年度について
22年の前前年(2020年)は、業務含め、雑所得にかかる収入は300万をこえていなかったので、雑所得の現金主義の特例を利用できると考えています。この100万は22年の売掛を22年中に利益が実現したものとして、22年の収入とできるという認識で間違いないでしょうか。②23年度の記帳について
A社より、今月末日に報酬100万の振込があるはずです。該当する売掛債権は友人Bに移っていますが、2月にもなれば100万+手数料で債権を友人から買い戻そうとしています。(合意済みです)この場合、23年の記帳としては
(1)単に手数料を払って債務を処理しただけであるから、振り込まれても収入ゼロ(単に-1万)とすべきでしょうか。それとも、
(2)収入100万、経費101万とすべきでしょうか。どちらでも下の補足のように説明が通れば税務面でのメリットは変わらないのですが、借入金の返済は損金算入できないとのことなので、実質的な債権の移動が否認された場合、白色申告なので損益通算できないため、単に100万収入があって経費が1万だと、結構デメリットです。(2)のように、100万の収入を得るために、101万かけて友人から権利を買い戻した、として良いか、専門家でないので迷っています。
質問者: 返答済み 6 日 前.
65288;1,2それぞれで考えている内容補足)(1)現時点、友人は既にA社に対して100万円の債権を有している。なので、23年にA社から私に100万振り込まれた金額を、私が100万をA社の代理で友人に振込み、22年中に決めた通り、ファクタリングを依頼した手数料として1万払った、と解釈するとこの100万は私にとっては、収入でないので、申告する上では、記録しないほうが正しい?)説明できるように契約書などは保存するとしても)
質問者: 返答済み 6 日 前.
65288;2)
一方、23年に、私がA社から、100万の収入を得るために、100万かけて、友人から権利を買い戻したとも考えられるので、
A社からの収入を100万
友人への支払いを-101万
とそれぞれ記帳するほうが正しい?
質問者: 返答済み 6 日 前.
12377;ぐにお伺いできるようなら、お電話での対応を希望します。お時間かかるようでしたら、文面でよろしくお願いいたします。

少し前に同一の内容を投稿されていましたでしょうか?

個人間でファクタリングという行為自体が一般的ではないので、回答しにくいです。

このサイトは基本的に「一般的な扱い」について回答するサイトなので、個別の事情があるような特殊な相談は想定していません。

※おそらく以前投稿の質問についても専門家が対応していないと思いますが、同様の理由と思います。

また、このサイト基本的に1問1答形式でやり取りします。

複数の質問を一度に投稿いただいてますが、それぞれ論点が違います。

なので、これも回答しにくいです。

※「①の回答について納得できたが、②③の回答は納得できない」となったときに質問全部についてマイナス評価されると、専門家は無報酬になり、対応した時間が無駄になってしまうので。

ご質問全体の内容からだと、回答としてはおそらくご希望に添える内容にはならないと思われます。

それでもよろしければ回答いたします。

「こちらの希望通りにするための方法が聞けないなら回答不要」というのであれば対応から外れます。

質問者: 返答済み 6 日 前.
30906;認ありがとうございます。specilaone様のご意見、ご見解で結構ですのでご回答願えると助かります。
①〜③単体でのご回答難しいようであれば、一般的な解釈と踏まえて昨年と今年の確定申告時までにどのようにしていればいいか、のご意見で問題ありません。
よろしくお願いいたします。

了解しました。

まず、①ですがファクタリングで現金化したものを現金主義で22年の収入にというのは無理と考えます。

売り上げが実現したことによる収入と、売り上げの実現により得た債権の譲渡は全く別だからです。

年内に商品の引き渡しや役務提供が完了しているのであれば、現金主義の特例は使わずに売り上げに計上すればいいかと思います。

②については資金調達の手数料なので、実質的に利息と変わらないと思います。

100万円は借りていたお金を返しただけになるので、22年に借入金勘定で処理して23年に借入金の返済になり、手数料分は支払利息(支払手数料でも良いとは思いますが)で処理で良いと思います。

白色申告であれば借入金は無関係なので手数料分を経費に計上ということになるかと思います。

ただし、ファクタリングが事業と関係無いと判断されれば経費にならないと言われると思います。

なお、白色申告だと損益通算できないということはありません。

雑所得だと損益通算できませんが、事業所得であれば白色申告でも損益通算可能です。

以上です。

よろしくお願いします。

あれ、評価がついています。。

ご確認下さい。

質問者: 返答済み 5 日 前.
36890;知気づかず失礼しました。ご回答ありがとうございます。内容理解いたしました。
ご見解の通り進めようと思いますが、一部不明点のみ確認させてください。
何についてでしょうか?
質問者: 返答済み 4 日 前.
24076;望する形の申告は無理の旨、承知しましたので、ご案内のとおり申告しようと思いますが、下のところが理解があっているかご教授ください>売り上げが実現したことによる収入と、売り上げの実現により得た債権の譲渡は全く別だからです。22年度、事業所得(白色)なり雑所得の業務なりで、A社に対するサービス対価として、支払日経過前の報酬100万の、売掛を22/12/28迄に得た(ここで、第3者友人Bにその売掛を売ることで100万円の現金を私が手にした、時点で「1.の売掛の利益が実現した」と解釈出木ると理解していましたが、ここが誤り)3.A社からの支払いが行われて初めて、
「1.で売掛にしていた利益が実現」するわけなので、2.の私〜B間のファクタリングは実現前の権利を譲渡、(後日買戻し)ているだけなので別の取引。という意味合いであってますでしょうか。
質問者: 返答済み 4 日 前.
65288;すいません質問文章作成のまま投稿ボタン押していませんで、失礼しました。)
上記の理解であっています。
ただ、「A社から支払いがあって初めて」というのは現金主義の話であって、原則としては役務提供完了の時点で売上が確定します。

あれ、評価がついています。。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 日 前.
22833;礼しました。返信確認できておりませんでした。ようやく理解できました。お手数おかけしました。ありがとうございます。
完了と評価に進みます。
評価ありがとうございます。
またのご利用お待ちしてます。

税金 についての関連する質問