ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 5673
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こんにちは。離婚時に婚姻時の精算費用の一部として保険の解約金を220万円程受け取っているのですが所得税の対象になりますか

ユーザー評価:

こんにちは。離婚時に婚姻時の精算費用の一部として保険の解約金を220万円程受け取っているのですが所得税の対象になりますか?また、確定申告は必要になりますか??
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 私自身の保険を解約しおよそ250万円程受け取っています。契約者は確か母親だったと聞いているのですがこの場合は贈与税になりますか?また確定申告がやはり必要になってくるかも合わせて確認したいです。

はじめまして。

>私自身の保険を解約しおよそ250万円程受け取っています。契約者は確か母親だったと聞いているのですがこの場合は贈与税になりますか?

→ 保険料負担者がお母様であれば、その解約返戻金はお母様からご自身への贈与になります。

250万円であれば贈与税の申告と納税が必要になります。

通常は保険契約者が保険料負担者であることが多いです。

なお、課税されるのはあくまで保険の解約に伴うものなので、その保険金を離婚時の財産分与に充てたとしても財産分与に対しての課税は一般的にありません。

質問者: 返答済み 8 日 前.
35441;しがややこしくなってしまってすみません。
①旦那の名義でかけてた保険解約金を解約し婚姻時の精算費用として220万円程受け取っています。
こちらに関しては課税対象にはならない、確定申告の必要はないという判断で間違いないでしょうか。②私個人の保険に関しては私が幼い頃、母親がかけてくれていた保険のようです。こちらに関しては了解しました。

>①旦那の名義でかけてた保険解約金を解約し婚姻時の精算費用として220万円程受け取っています。
こちらに関しては課税対象にはならない、確定申告の必要はないという判断で間違いないでしょうか。

→ これは「ご自身について」確定申告の必要が無いかどうかというご質問でしょうか?

それとも「ご主人について」確定申告の必要がないかどうかというご質問でしょうか?

質問者: 返答済み 8 日 前.
31169;自身が確定申告や手続きが必要かどうかの質問でした。
元旦那は必要ないと思っていたのですが必要であれば教えて頂きたいです。
慣れていない分野で質問が分かりづらくてすみません。

ご自身については、その財産分与が一般的な範囲を超えて多額にお金を渡そうとしているようなものでない限りは特に課税はありませんので申告は不要です。

ご主人については、解約までの間に保険の運用益があれば課税になる可能性がありますが、中途解約なのであれば可能性は低いとは思います。

ご主人に対して保険会社から通知が来るはずなので、そちらで確認します。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12372;丁寧に詳細ありがとうございました。また分からない事があったら教えてください。よろしくお願いします。

お役に立てば幸いです。

回答よろしければ星マークが表示されると思うので評価いただけると助かります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
22823;変満足にしたいのですが押し間違えて星一つになっていたらやり直しさせてください。

再度操作可能と思います。

よろしくお願いいたします。

評価ありがとうございます。

またのご利用お待ちしております。

税金 についての関連する質問