ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 5678
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

相続?相続税?にまつわることを教えていただければと思いまして連絡させていただきました。 アシスタント:

ユーザー評価:

相続?相続税?にまつわることを教えていただければと思いまして連絡させていただきました。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 山口県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 高齢の父が元気でいるあいだに相続や相続税のことを煮詰めておきたいと母より連絡がありました。相続税を減らす(?)ために兄嫁(兄は15年前に死去。兄嫁は両親と同居中)と養子縁組する予定らしく、その関りでなんらかの書類にサインが欲しいとのことでした。

はじめまして。

養子縁組により法定相続人を増やすことで相続税を減らす効果があるのは事実です。

ただし、いくら減るのかは相続税を計算しないとわかりません。

元々ゼロであれば減っても意味がありません。

養子縁組をすることで、縁組をした方は正式に相続人になるため、結果的に相続人の人数が増えて、これまで相続人であった方々の相続分は相対的に減ることになります。

そのことでトラブルになりやすいのでご注意ください。

質問者: 返答済み 10 日 前.
26089;々の返信をありがとうございます。15年前の兄の死去の際は相続を放棄しており、今後父にもしものことがあった際も放棄する予定でおります。
ただ今回の話しの流れで早めに相続放棄の手続きを踏む必要が出てきたのかな、とは思っております。母が求めている相続に関する書類とはどのようなものかおわかりになりますか?また、相続放棄するていの私が署名する必要があるのでしょうか。

当方税理士です。

ご質問の内容からすると相続税ではなく、相続そのものの内容のようなので、そうなると専門外です。

また、正確な事情を図りかねるので、いただいた質問の内容から予測した回答になりますので、その点ご承知下さい。

あらためて弁護士に確認することもお勧めします。

何となくですが、遺留分の放棄をさせようとしているのかと思います。

その場合、遺留分の権利を持っている本人の同意が必要です。

相続放棄というのは相続発生後でなければ出来ず、生前に行えるのは遺留分の放棄だけです。

ただ、一般的に遺留分の放棄は上手くいかないことが多いと聞いています。

というのも、人間「気が変わった」ということが有り得るため、「遺留分放棄をしたが、やはり一部相続をしたい」となったときに遺留分放棄をしてしまうともうどうにも出来ません。

そういったトラブルを避けるために、裁判所から遺留分の放棄をする本人に対して、「本当に放棄しますか?」「相続放棄をする意志があるなら、相続発生後にそうすればいいじゃないですか」と執拗に確認がされると聞いております。

そうすると、「確かに今放棄する必要は無い」ということになり、上手くいかないことが多いと聞いています。

なお、養子の数を増やすことと、遺留分の放棄は全く別の話で、遺留分の放棄をしてもしなくても相続税は変わりません。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;返信から考えるべきことの道筋が見えてきました。大変参考になりました。
ありがとうございました。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

またのご利用お待ちしております。

税金 についての関連する質問