ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 5665
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

2022年8月に退職。9月1日付で再就職し、すでに住民税を一括徴収しています。ですが、20万円を超える副業収入があるので

ユーザー評価:

2022年8月に退職。9月1日付で再就職し、すでに住民税を一括徴収しています。ですが、20万円を超える副業収入があるので、所得税と住民税を納めないといけないと思います。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 福岡県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 副業が、一か所ではなくてあらゆるところから収入を得ているので、しっかりとまとめられるか不安です。それと、副業分の所得税と住民税を支払う必要がある場合、どうやって支払うのか。会社に知られないようにするに気をつけることはなにか

はじめまして。

>副業が、一か所ではなくてあらゆるところから収入を得ているので、しっかりとまとめられるか不安です。

→ 支払元から支払調書が発行されるものがあれば、支払調書を元にし、そうでないものは通帳の記録であったりを根拠にまとめれば良いと思います。

>それと、副業分の所得税と住民税を支払う必要がある場合、どうやって支払うのか。

→ 所得税については申告期限までに納付します。

納付の方法については複数ありますが、申告書の作成で国税庁HPの作成コーナーを利用する際に、作成後に納付方法の案内が表示されます。

個人的にはコンビニ納付が楽なのではないかと思いますが、ネットバンクから振り込むことも、別途口座引き落とし手続きをして引き落としにすることも可能です。

住民税については後述します。

>会社に知られないようにするに気をつけることはなにか

→ 所得税の確定申告をする際に、申告書2表に住民税に関する記載をするところがあります。

そこで住民税の納付方法を選択する欄があるので、「給与以外を普通徴収」というものを選択してください。

そうすると勤務先以外の収入に対応する住民税は勤務先に通知されずに納付書が自宅に届くことになり、結果的に副業がバレないと言われています。

これをしないと副業分の住民税も含めて勤務先に住民税が通知され、金額が多いことから副業(正確には勤務先以外の収入があるだけで副業なのかどうかはわからないのですが)がバレると言われています。

上記がバレないための方法として一般的に言われている方法ですが、それでもバレるときはバレるので、絶対バレない方法は無いです。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;回答、ありがとうございます。追加で質問ですが、
①計算したところ、収入は20万円行かなかったようです。
その場合は、確定申告ではなく、住民税の申告だけ行えばよいのでしょうか?
またその場合、すでに今年8月31日退職時に今年度の住民税を一括徴収で支払っているのですが、どのタイミングで副業の分の所得をを申告し、住民税を払えばよいのでしょうか?②下記のご回答について、インターネットで申告できるのですか?
『納付の方法については複数ありますが、申告書の作成で国税庁HPの作成コーナーを利用する際に、作成後に納付方法の案内が表示されます。』③所得の申告には、振り込まれた通帳のコピーなどの証明は必要でしょうか?ご回答お待ちしております。

>①計算したところ、収入は20万円行かなかったようです。
その場合は、確定申告ではなく、住民税の申告だけ行えばよいのでしょうか?

→ そうなります。

>またその場合、すでに今年8月31日退職時に今年度の住民税を一括徴収で支払っているのですが、どのタイミングで副業の分の所得をを申告し、住民税を払えばよいのでしょうか?

→ 退職時に一括で支払った住民税は令和4年分で、次の確定申告の際に申告するのは令和5年分です。

住民税の申告は来年の3月15日までに行います。

納付の方法は既にご説明した通りになります。(※住民税の申告書に納付方法の欄があるかと思います)

>②下記のご回答について、インターネットで申告できるのですか?
『納付の方法については複数ありますが、申告書の作成で国税庁HPの作成コーナーを利用する際に、作成後に納付方法の案内が表示されます。』

→ 住民税の申告だけ行う場合は出来ません。

所得税の確定申告も電子申告をする場合は別途開始手続きが必要です。

作成コーナー上で作成だけは可能なので、コーナーで作成して印刷したものを紙提出する方が多いとは思います。

>③所得の申告には、振り込まれた通帳のコピーなどの証明は必要でしょうか?

→ 不要です。

恐れ入りますが、このサイト基本的に1問1答形式でやり取りします。

当初投稿いただいた質問とは別の追加の質問がある場合は新規に質問の投稿をいただけると助かります。

当初投稿いただいた質問について回答よろしければ星マークが表示されると思うので評価いただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問