ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 5665
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

親から相続した家をしばらく人に貸してから、再度自分が戻り、しばらく住んで、それから第三者に譲渡するとします。

ユーザー評価:

親から相続した家をしばらく人に貸してから、再度自分が戻り、しばらく住んで、それから第三者に譲渡するとします。
確か、親が生前に住んでいた家であれば、居住をやめて3年以内ならば、譲渡所得から3000万円控除できたと思います。この制度について2点質問させてください。①生前の父親が一人暮らしをしていないと、3000万円控除は適用できないのですか?仮に、父親+母親、父親+母親+子、父親+母親+子+子の妻+孫という所帯で住んでいた場合はどうなりますか?②再度自分が戻ってしばらく住み、それから3年以内に第三者に譲渡する場合も、3000万円控除が適用できますか?できる場合、自分が居住する期間は何年以上といった制約は、ありますか?

はじめまして。

>①生前の父親が一人暮らしをしていないと、3000万円控除は適用できないのですか?仮に、父親+母親、父親+母親+子、父親+母親+子+子の妻+孫という所帯で住んでいた場合はどうなりますか?

→ こちらは空き家特例のことを言っているのだと思いますが、空き家特例は他に居住している人がいる場合は適用出来ません。

※他に住んでいる人がいる場合は空き家にならないので

>②再度自分が戻ってしばらく住み、それから3年以内に第三者に譲渡する場合も、3000万円控除が適用できますか?できる場合、自分が居住する期間は何年以上といった制約は、ありますか?

→ その住宅の所有者が譲渡しなければならないので、戻って住む前に相続でその居住用不動産を承継している必要があります。

居住する期間に制約はありませんが、居住用の特例を受けるためだけに居住したようなものは認められません。

制約は無いものの、一般的には居住してから再度転居するにあたり、3年以上は居住すると思われます。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
①は「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」の事です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3302.htm
質問者: 返答済み 10 日 前.
36820;信がなかったため。

>①は「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」の事です。

→ 空き家特例のことでないのであれば、前所有者の父親が住んでいたかどうかは関係無いです。

>返信がなかったため。

→ お待たせして申し訳ありませんが、24時間パソコンに張り付いて対応しているわけではないので、返信にお時間かかる場合があります。

ご確認いただいてますか?

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問