ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ty tax Advisorに今すぐ質問する
ty tax Advisor
ty tax Advisor,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 147
経験:  Expert
113572536
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ty tax Advisorがオンラインで質問受付中

市民税の滞納があり、分納で納付するということなったのですが、金額の設定を一年で返し終わる金額にしないといけないと言われ、

ユーザー評価:

市民税の滞納があり、分納で納付するということなったのですが、金額の設定を一年で返し終わる金額にしないといけないと言われ、ちょっと難しいと話したところ、法律で決まっているのでと言われ言われた通りの金額で設定したのですが、最長2年ということを知りました。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 愛知県 豊橋市です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 給与からみて毎月6万円でと言われ設定したのですが(1年で返さないといけないと言われたので)とてもじゃないけど無理があり、最長2年で可能であればそれを適応してもらえることができるのか知りたいです。単純計算、2年で返済なら毎月3万円なので、この金額なら収めることが可能になるので

こんばんは。

お役所らしい対応でとても困りますね。

法律の決まり→これは事実で、原則は1年で返済していくこととなっております。

なのでどうしても当初予定としては1年間で返済するような計画を作成せざるを得ません。

この法律には例外がありまして、やむを得ない場合はさらに1年延長することとなっていて(宥恕規定

といいます。)、このやむを得ない場合とは、「生活が困難になるレベル」を要求されますが、

仮にその滞納を支払って家賃の支払いが遅れた場合やクレジットカードが止められたりすると日常生活を

送ることが困難になりますよね。

ですので、とりあえずは6万円を支払うしかないのですが、本当に払えない場合に再度市役所に相談に行ってみるか、

分割納付ではなく1年間据え置く形をとってもらって、3万円×12月=36万円しか貯められませんでした。

なのでもう一年延長してください。と、頼むしかありませんね。

給与債権を差し押さえされると会社に通知がいくので結構シビアな問題ではあります。

とりあえず上記の選択肢を試してみてください。いずれかの方法で対応してくれるはずですので。

質問者: 返答済み 9 日 前.
23478;賃や、ローンの返済があるので難しいと話したところ、それを払わずに納税に回してくださいと当たり前のように言われたので応じてしまいました。
応じたあとでも回答を頂いた相談はできるのでしょうか?
やや強引な印象を受けますね。

もし仮に支払いが不能になり、滞納処分となれば抵当権が設定された資産の債権者が強い立場(つまり銀行)になり、役所はとりっぱぐれることになるのでそのような主張をされているのだと思います。

法律の条文には「納税に対して誠実な意志を有する場合は譲歩する」という意味合いの

一文がありますので、まずは冷静に支払う意志はあるがどうしても難しいという説明を粘り強くするしかありませんね。まだ1年以内の期間であれば再度相談することは可能だと思います。

質問者: 返答済み 9 日 前.
26126;日、市役所の窓口へ話をしに行こうと思っているのですが、その時に、専門家の方に相談したことを言ってもよろしいのでしょうか?
あえて言わない方がいいかと思います。刺激を与えますし、争う意思表示にも思えます。あくまでも穏便に、お互いの譲歩が必要になりますので、慎重なご対応をお願い致します。
質問者: 返答済み 9 日 前.
20105;うつもりは全くありません………
ただ、窓口で話すとどうしても、法律で決められているのでこれでお願いしますと言われてしまい、対応の仕方がわからなくて辛いです。

辛い気持ちはお察ししますがこればかりはどうしようもなく。

法律で定められていることは事実ですので。法律にも解釈の幅や、受け手の印象によって

対応が変わりますので何度も交渉するしかありません。

申し訳ございませんがここで回答を締め切らせて頂きます。

代理人が必要になれば弁護士とご契約ください。

ty tax Advisorをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

私からは以上とさせていただきます。

税金 についての関連する質問