ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 5021
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

不動産売却時の売却益にかかる税金の計算方法と取得費に計上できる費用について知りたく、そのジャンルに強い方にお話をお伺いし

ユーザー評価:

不動産売却時の売却益にかかる税金の計算方法と取得費に計上できる費用について知りたく、そのジャンルに強い方にお話をお伺いしたいです。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 訳あって購入した不動産を数か月で売却することになり、先ほどのご相談です。売却も初めてです。

はじめまして。

>不動産売却時の売却益にかかる税金の計算方法

→ 収入金額-取得費-譲渡費用=譲渡所得になり、譲渡所得に税率(長期保有の場合は20.315%、短期の場合は39.63%)を掛けて計算します。

収入金額は主に不動産の売却金額に固定資産税の清算金を足した金額になります。

取得費は購入代金や購入時の諸費用の合計から建物の減価の額を控除した金額になります。

譲渡費用は譲渡の際に発生する仲介手数料や測量費が該当します。

>取得費に計上できる費用

→ 購入代金や登記費用(事業所得や不動産所得で経費に計上したものは除く)、購入時に行ったリフォームがあればその金額も含まれます。

借入金の手数料や抵当権設定費用、家具の購入費用等は含まれません。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
取得費について、少し深堀りさせてください。
物件購入後、友人の大工の都合のつく時に材料支給で直してもらったり、自分のDIYでリフォームをしておりました。
そのため、通常リフォーム業者にお願いする際は1回で大きな金額が計上されると思うのですが
今回の場合、数万単位のリフォーム費が複数発生している状態です。
この場合、複数の領収書の金額をすべて合算して資本的支出として取得費に含めれば良いのでしょうか。
(帳簿を付ける際の仕分けも出費が出たごとにするのか、まとめて良いのか・・・)細かくてすみません。よろしくお願いいたします。

リフォームの内容によりますが、壁紙を変えたりとか建物に直接行うような工事について発生した費用は取得費に含めて差し支えないです。

譲渡所得の場合は帳簿を付けることは無いのですが、「帳簿を付ける際の仕分け」というのは何のことでしょうか?

不動産の転売業をされているというのであれば、棚卸資産の購入になるので分離課税にならないです。

そもそも購入された不動産はご自宅なのでしょうか?賃貸不動産なのでしょうか?販売用不動産なのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 日 前.
12377;みません、いろいろご説明不足でした。
もともと不動産賃貸業で開業し、その物件もリフォーム後賃貸予定でした。
また、取得費に含める場合、それを証明するもの(発生した費用)も帳簿付けするのかと思っていたんですが
しなくて良いんですね。無知ですみません。
質問者: 返答済み 5 日 前.
12385;なみにですが、譲渡所得にかかる税金が確定するのは確定申告の時で間違いないでしょうか。
結局、賃貸していないのであれば不動産所得は発生しないので帳簿は不要です。
確定するのは確定申告時で、所得税を納付した後に住民税の通知が来ます。
質問者: 返答済み 5 日 前.
20998;かりました。どうもありがとうございました。
お役に立てれば幸いです。
回答宜しければ星マークが表示されるので評価いただけると助かります。
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問