ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 173
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

会社分社化に関する相談とかも可能でしょうか アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

会社分社化に関する相談とかも可能でしょうか
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 会社分社化と、有利な税金対策についてお聞きしたいです。
質問者: 返答済み 7 日 前.
21109;業21年目になるシステム会社Aを2名の役員と3名の社員で営んでおります。おおむね年間3000万程度の売り上げです。
それとは別にJVでもう一社を運用しておりまして、そちらの利益がこのAに入ってくる仕組みになっているのですが、そちらからの利益が年1億以上に達するようになりました。
質問者: 返答済み 7 日 前.
65322;Vの会社(B社)からの利益だけが流入するC社を立ち上げ、今後、A社の本来事業は社員が立ち上げる別の会社にまかせてしい、A社を解散したく考えています。
質問者: 返答済み 7 日 前.
10月末が決算ですので、早急に会社を立ち上げた後、A社に残った資産を役員2名の退職金として配分してしまおうかと思っています。(1人につき5000万前後) 
なお新たに役員二名で立ち上げるC社には、A社解散後、しばらくは年間1億5千万くらいがりゅうにゅうするのですが、特に会社を拡大することは考えていないので、役員報酬として2名に分配する予定です。この流れは脱税扱いされることはないでしょうか。
質問者: 返答済み 7 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 7 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。
そもそもA社への利益の流れが問題なければ、それがCに移ったとしても問題ないように思います。
zeikinをはじめその他2 名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
36864;職金をもらった後に流れるC社への入金は、A社があった時からの継続事業と判断され、「実質継続会社が存在するということは、事業の本質変わってないのに、退職金払って法人税を脱税した」とならないでしょうか?

退職の実態は会社ごとに判断しますので、A社において経営権が実際に別の役員に移行しており、退職した役員の給与が半額以下になっているなどの形式を満たしていれば、退職金が否認されることはないと思われます。(ただし金額の妥当性は、もちろん検討する必要がありますが。)

税金 についての関連する質問