ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
zeikinに今すぐ質問する
zeikin
zeikin, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 177
経験:  大阪で経営者の税務顧問、経営相談を行なっています。
71406244
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
zeikinがオンラインで質問受付中

関連会社の一つを解散したいのですが、そのまま解散すると、多額の役員借入金が残り、これを免除すると、免除益が発生し、多額の

ユーザー評価:

関連会社の一つを解散したいのですが、そのまま解散すると、多額の役員借入金が残り、これを免除すると、免除益が発生し、多額の法人税を支払わないといけなくなります。免除益が発生しないような解散の仕方はありますでしょうか?
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 東京都です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特別清算の手続きをすれば、債務超過会社として処理されると聞いたのですが、もう一つよくわかりません。
繰越欠損金は残っていないという前提でよろしいでしょうか?
また現金などの資産も残っていないということでしょうか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
12399;い
平成22年の税制改正で、解散した法人に残余財産がないと見込まれる場合に、期限切れの繰越欠損金を一定の条件で損金に算入することができますが、それは検討済みでしょうか?
https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/hojin/101006/pdf/08.pdf&ved=2ahUKEwip0LHK0rr4AhUIplYBHX0QA84QFnoECAgQAQ&usg=AOvVaw0TEqbw5VkDPVJYAnwr4bn8
質問者: 返答済み 10 日 前.
27861;人の設立当初、白色申告の時期があったのですが、期限切れ繰越欠損金で全額消せると思って間違いないでしょうか?
白色申告した年は、繰越欠損金の計上はできないでしょう。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5762.htm
質問者: 返答済み 10 日 前.
26399;限切れ繰越欠損金で消せないと判断した場合、残っている役員借入金を債務免除せず、債務超過のまま清算したら、どうなりますか?

債務が残ったままで清算結了登記ができない可能性があります。

期限切れ欠損金でも消せない場合、債務免除益を計上せず、自己資本に組み込む形で、課税所得を計上せずに債務免除を行い、清算をしてしまうというのも検討できるでしょう。

金額や債務が生じた経緯など個別の事情によるため、それが可能かどうかは、ここでは判断が難しいですが。

zeikinをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12394;るほど、よくわかりました。ありがとうございます。

税金 についての関連する質問