ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 4908
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

現在、日本に住所があり、主な収入は日本からです。海外にも住所があるため、日本の住民票を抜くことを考えているのですが、もし

ユーザー評価:

現在、日本に住所があり、主な収入は日本からです。海外にも住所があるため、日本の住民票を抜くことを考えているのですが、もしその場合、
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 静岡県浜松市です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 海外に移住の場合、日本からの収入を得る場合、日本でどのような手続きをする必要がありますでしょうか?日本に住所を残した方が得なのか、住民票を抜いて海外住所にした方が得なのか、両方について必要な手続きが何なのかを知りたいです。
質問者: 返答済み 17 日 前.
31227;住先はイギリスのロンドンです

はじめまして。

収入の種類によります。

例えば、海外で作成したレポート等の納品や、リモートによる海外からの役務提供のようなものは特に手続きがありません。

非居住者について日本で課税がされるのは国内源泉所得のみです。

※国内源泉所得に該当するかどうかは非常に判断が難しく、個別事情によって結論が変わります。

どちらが得かどうかというのは何をもって得と考えるかによって変わるので一概にお答えするのは難しいと思います。

例えば税金だけで言えば税率の高い、低いで考えることが出来ますが、一方で皆保険制度の無い国に居住するとなると、自身で医療保険に加入する必要が出て結果的に手残りが減る、又は著しく受けているサービスが劣化する可能性はあると思います。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12354;りがとうございます。
夫がイギリス勤務なので、保険はイギリスで賄えます。
主な居住地はイギリスになりますが、住民票だけ残っている状態です。日本での収入の種類は、大学からの謝金(講演料)、原稿料になります。日本は年金などが高いのと、住んでいないのに住民税がかかるのも気になるので、
いっそ住民票を抜いてしまおうかとも考えていますが、もし抜いた場合、日本から謝金や原稿料をもらう場合、どのような手続きをすれば良いのでしょうか?
謝金等をもらう際、日本側で特別な手続きなどはございますか?
租税条約用の書類を日本側に出す、などでしょうか?

講演料も原稿料も居住者であれば源泉徴収の対象になるものなので、あらかじめ大学側と相談しておくことをお勧めします。

原稿料に関しては海外で作成するので国内源泉所得に該当しないのではないかと思いますが、講演については国内源泉所得に該当すると思われます。

ご指摘の租税条約の届け出も支払者(つまり大学)を経由して税務署に提出するものなので、届け出を受理する大学側と支払について協議(国内源泉所得に該当するかどうかの見解も互いに一致させておいた方が良いです)を済ませておいた方が良いです。

質問者: 返答済み 16 日 前.
23621;住者、とはどちらの国の居住者を指しておられますでしょうか?住民票を抜く場合、書類上はイギリスの居住者になるかと思います。講演はオンラインで行うことになります。
質問者: 返答済み 16 日 前.
31199;税条約の届出は、私が大学に何かするべきものなのでしょうか?

日本の居住者の場合(現在がそうだと思います)は源泉所得税が報酬から徴収されていると思います。

イギリス居住(これを非居住者とします)で役務提供が国外であれば源泉徴収は行われなくなります。

源泉徴収は大学側が支払いの際に行っているので、事前にいつから非居住者になり、報酬の支払い内容が変わるのかどうかは伝えておく(というか協議しておく)方が良いです。

>講演はオンラインで行うことになります。

→ オンラインの役務提供が国内か国外かは見解が分かれる可能性あるので、少なくとも大学側とは見解を一致させておいた方が良いです。

>租税条約の届出は、私が大学に何かするべきものなのでしょうか?

→ 租税条約の特例措置は源泉所得税に関するものなので、大学側が報酬を支払う際にどうするかという話です。

なので届け出は大学に対して提出します。

大学は提出された届出をもって、支払う報酬から源泉徴収をどのようにするのかを判断し、1部を税務署に提出します。

いきなり大学に届出だけ提示しても大学も困惑するのではないかと思うので、事前に話し合っておいた方が良いです。

大学側にも顧問税理士がいるはずで、そちらの見解であったり判断を仰ぐのではないかと思います。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12393;うもありがとうございます。色々と助かりました。

お役に立てば幸いです。

回答よろしかったでしょうか?

質問者: 返答済み 16 日 前.
12399;い、どうもありがとうございました。また色々と伺うことがあるかと思います。
それでは回答完了とさせていただきます。
星マークが表示されるので評価いただけると助かります。
またご質問あれば質問スレッドの投稿いただければと思います。
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問