ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 4851
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

お世話になります。 アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか? 質問者様:

ユーザー評価:

お世話になります。
アシスタント: ご利用ありがとうございます。どういった事でお困りですか?
質問者様: 労働者ですが、給与支払報告書について教えてください。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県です。労働者で既に昨年退職済みですが、昨年と一昨年に未払い賃金があり、一括して本年支払われることになりそうです。その場合、会社側に過去の給与支払報告書の訂正ではなく、本年の給与支払報告書に記載してもらい、本年の源泉徴収票をもらうことは可能でしょうか。理由は過去に遡っての修正申告や公租公課の差額一括請求等の負担を避け、本年の税率も低く抑えたいたいからです。ご回答宜しくお願いします。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にありませんが、会社から過去の未払い給与の一括支払を受ける際に、注意すべき点や確認すべき点をご教示いぢけると助かります。

はじめまして。

>労働者で既に昨年退職済みですが、昨年と一昨年に未払い賃金があり、一括して本年支払われることになりそうです。その場合、会社側に過去の給与支払報告書の訂正ではなく、本年の給与支払報告書に記載してもらい、本年の源泉徴収票をもらうことは可能でしょうか。

→ 通常は無理です。

ただ、既に退職済みということであれば、未払賃金としてではなく違う名目で会社が支払うということで合意するのであれば可能性はあります。

※退職後に弁護士等が入って過去の勤務時の未払給与であったり、ハラスメント等の問題から金銭を支払うことがあり、その場合は純粋に過去の給与として支払われないこともあります。

給与以外の名目で支払う場合は源泉徴収票は発行されないです。(※退職金の追加支給であれば退職所得の源泉徴収票が発行されるはずです)

>会社から過去の未払い給与の一括支払を受ける際に、注意すべき点や確認すべき点をご教示いぢけると助かります。

→ (参考)過去に遡及して残業手当を支払った場合|国税庁 (nta.go.jp)

上記、国税庁HPの質疑応答事例です。

ご質問の類似の事例についての解説で、基本的には過去の年度の給与として処理するようにと回答がされています。

なので、原則として今年の源泉徴収票として発行することは無いです。

退職をきっかけに未払であったり過去の勤務に対する諸々の問題について弁償を求めた場合、会社もあまり表に出したくない事情があることから、実質的に未払賃金だったとしても賃金として支払わないケースも聞きます。

どういう名目で支払うのかも含めて交渉すれば良いかと思います。

質問者: 返答済み 7 日 前.
19969;寧なご回答ありがとうございました。
過去に遡及して未払い給与が支払われる場合、確定申告(修正申告)が必要になると思いますが、遡及した内容を申告するにあたって一般的な注意点などあればご教示頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

修正申告(元々申告をしていない場合は期限後申告)をするにあたり、当初発行された源泉徴収票と今回訂正されて作成された源泉徴収票の両方が必要になります。

※元々確定申告をしていないのであれば訂正後の源泉徴収票だけで手続き可能です。

支払元の会社が源泉徴収分をどう処理するのかによって納付になる場合と還付になる場合あると思います。

どうなるのかは会社に教えてもらった方が良いのですが、関係性によっては「そちらで手続きして下さい」としか言われない可能性もあるので、あまり期待しない方が良いと思います。

最悪でも源泉徴収票があれば手続きは出来ると思うので、それだけは入手して下さい。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問