ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 4905
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こんにちは。税金の計算法を教えて頂きたいのですが。 アシスタント:

ユーザー評価:

こんにちは。税金の計算法を教えて頂きたいのですが。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 福岡県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 太陽光発電設備を売却したのですが、土地は自己所有。発電設備及び土地は5年以上経過しています。減価償却定額法です。

はじめまして。

売買契約書では土地と設備はそれぞれ金額が分けて記載されているのでしょうか?

太陽光発電設備は売電用のものであれば毎年確定申告を行い、減価償却の計算を行っていますよね?

質問者: 返答済み 17 日 前.
12399;い。分けて記載されています。17年計算で毎年行っています

了解です。

まず、太陽光発電設備の売却は総合課税の譲渡所得として計算します。

5年超えて所有しているのであれば長期の総合譲渡になります。

(売却金額-取得費(売却直前の減価償却の計算の未償却残高が取得費になるはずです)-譲渡費用-譲渡所得の特別控除(最大50万円))÷2で計算します。

上記の計算で計算された金額は、給与や年金といった他の総合課税の所得と合算されて所得税が計算されます。

土地については分離課税の譲渡所得として計算します。

こちらも所有期間が5年超であれば長期の譲渡所得として計算します。

「売却金額-取得費-譲渡費用」で計算します。

土地の場合は減価しないので、購入時に支払った金額が取得費になります。

土地は分離課税なので、他の所得とは合算せずに、長期であれば20.315%の税率で計算されます。

何故いきなりマイナス評価なのでしょうか?

不明点あればご返信下さい。

他の専門家の対応希望であればその旨ご返信ください。

何の説明も無くマイナス評価だけされても対応出来ません。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12377;みません。間違えて星をタップしてしまいました。直ぐ最高評価で送ったのですが訂正されていなかったようです。申し訳ございませんでした。

そういった事情でしたか。

失礼いたしました。

評価ありがとうございます。

またのご利用お待ちしております。

税金 についての関連する質問