ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 820
経験:  6年間経理事務に関わったのち、公認会計士・税理士事務所にて約13年間税務顧問を中心としたサービスに従事。中小企業を対象に記帳、自計化の指導から月次・年次決算書、税務申告書作成などを経験。
110883515
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

暦年贈与で親から少しずつ贈与してもらっています。一方、贈与している親が三年以内にが亡くなった場合、贈与された財産は相続財

ユーザー評価:

暦年贈与で親から少しずつ贈与してもらっています。一方、贈与している親が三年以内にが亡くなった場合、贈与された財産は相続財産とみなされるという法律があります。暦年贈与で毎年贈与税を支払っていて、かつ途中で親が亡くなった場合、贈与税にプラス相続税を追加で払ったり、あるいは、相続税の方が安ければその分還付されるということになるのでしょうか?よろしくお願い致します。

こんにちは、宜しくお願いいたします。

相続開始前3年以内に暦年課税に係る贈与によって取得した財産は、相続税の課税価格に加算して相続税を計算し、支払った贈与税は相続税から控除されます。相続税より贈与税が多いこともあり得ますが、その場合は相続税納付額は0円となり、過去に払った贈与税額部分は還付されることはありません。下記国税庁HPにも記載がございます、宜しくお願いいたします。

No.4161 贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)|国税庁 (nta.go.jp)

相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人からその相続開始前3年以内に暦年課税に係る贈与によって取得した財産があるときには、その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。
また、その加算された贈与財産の価額に対応する贈与税の額は、加算された人の相続税の計算上控除されることになります。

質問者: 返答済み 14 日 前.
12372;回答ありがとうございました。疑問が解けました。ありがとうございました。

また何かありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。ありがとうございました。

nakaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問