ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 802
経験:  6年間経理事務に関わったのち、公認会計士・税理士事務所にて約13年間税務顧問を中心としたサービスに従事。中小企業を対象に記帳、自計化の指導から月次・年次決算書、税務申告書作成などを経験。
110883515
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

個人事業主です。確定申告の質問です。 今年から、電子保存になり、

ユーザー評価:

個人事業主です。確定申告の質問です。
今年から、電子保存になり、
紙の領収書などはスキャンして保存するようになったのでしょうか?
それとも、そうなるかもしれないという話でしょうか。

宜しくお願いいたします。

当初、令和4年1月~改正電子帳簿保存法により、領収書なども電子取引データの電子保存が義務化される予定でしたが、2年間の猶予期間が設けられることになりました。まだ、対応できていないところが多く、下記国税庁のパンフレットに記載のとおり、令和6年1月から対応できればよいようです。宜しくお願いいたします。

0021011-068.pdf (nta.go.jp)

令和5年12月31日までに⾏う電子取引については、保存すべき電子データを プリントアウトして保存し、税務調査等の際に提示・提出できるようにしていれば差し⽀えありません(事前申請等は不要)。 令和6年1月からは保存要件に従った電子データの保存が必要ですので、そのた めに必要な準備をお願いします。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12392;てもよく分かりました(*^^*)
ご丁寧なご説明ありがとうございます。
とりあえずはこれまで通りと分かり、安心いたしました。
ありがとうございます。

ご確認ありがとうございます。

令和4年、令和5年のご申告は、これまでと同様、請求書・領収書なども紙ベースでの保存で大丈夫です。私のほうも対応しているお客様はまだ少ないですし、追々準備という感じです。また何かありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

nakaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問