ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3923
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

2021年3月に開業した者です。 現在専業で物販業を営んでおります。 物販業で開業していますが、

ユーザー評価:

2021年3月に開業した者です。
現在専業で物販業を営んでおります。物販業で開業していますが、
趣味のYoutube(年間所得15万円)、私物のメルカリ販売(年間売上12万円, 年間所得6万円)程あります。確定申告の際は、趣味のYoutube、私物のメルカリ販売はそれぞれ所得は20万円未満なので確定申告は不要と認識しております。
この考えに相違ないでしょうか?

はじめまして。

20万円未満で確定申告が不要になるのは、サラリーマンが勤務先で年末調整をされている場合に、給与以外の所得が年間20万円未満のケースです。

物販業で開業されているのであれば、物販業について申告義務があるのであれば他の収入も申告する必要があります。

なお、メルカリ販売は私物(日用品のような)であれば課税されないので上記とは別の理由で申告不要です。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
追加で質問させて頂きます。メルカリ販売は私物(日用品のような)は20万円以上でも確定申告は不要でしょうか?また物販で開業し物販業について申告義務はあるのですが、そこに趣味のYoutubeの所得(年間20万以下)も合算して確定申告しなくてはいけないのでしょうか?その場合の勘定科目は何になるのでしょうか?

一つの物品で30万円を超えないようなものは私物の売却であればいくら売っても所得税はかからないです。

20万円の話とは無関係に申告は要りません。

確定申告をする場合はすべての所得を記載します。

先の回答でお伝えした通り、20万円の話はサラリーマンの給与以外の所得の場合の話です。

物販業を行う場合は個人事業主なのでサラリーマンの話には該当しません。

趣味の所得は雑所得に該当するので事業所得の帳簿の中には含めません。

雑所得は元帳を作ることが無いので勘定科目を設定することは無いです。

収入と経費の合計額をそのまま申告書の雑所得の欄に記入します。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問