ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
nakaに今すぐ質問する
naka
naka, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 803
経験:  6年間経理事務に関わったのち、公認会計士・税理士事務所にて約13年間税務顧問を中心としたサービスに従事。中小企業を対象に記帳、自計化の指導から月次・年次決算書、税務申告書作成などを経験。
110883515
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
nakaがオンラインで質問受付中

源泉税の納期の特例により、令和2年7月1日から令和2年12月31日までの給料及び税理士源泉を既に納めましたが、その後

ユーザー評価:

源泉税の納期の特例により、令和2年7月1日から令和2年12月31日までの給料及び税理士源泉を既に納めましたが、その後
司法書士に対する源泉税の納付を失念していることが判明しました。既に給料と税理士源泉は、納めているのですが、新たに
司法書士源泉を新しい納付書に単独で記載し、納付してしまっていいものでしょうか?これが可能であれば、集計ができたものから
1月20日までに納め、やむおえず、集計のできないものは、後から集計し納付すれば、仮にその部分だけ1月20日過ぎても延滞金等のペナルティーも少なくすむと思います。なかなか税務署に聞きずらい事例なので、ご意見をうかがえると幸いです。

宜しくお願いいたします。

失念しているものが見つかった場合は、ご質問者さまのおっしゃるとおり、納付書に単独で記載し納付することとなります。

1月20日までに納め、やむおえず、集計のできないものは、後から集計し納付すれば、仮にその部分だけ1月20日過ぎても延滞金等のペナルティーも少なくすむと思います。

→ こちらもおっしゃるとおりです。確定し把握しているものだけでも期限内に納付することで、その後追加が見つかったとしても、ペナルティーはかからないか少額で済みます。集計漏れがあるときも時にはありますので、その都度、追加の納付書でご対応いただけたらと思います。

宜しくお願いいたします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36039;料があつまらずに時間ばかし、気にして精神的にまいっていましたがコロナ化もあり、とりあえずの資料で納付する方法にかえていきます。ありがとうございました。助かりました。
質問者: 返答済み 11 日 前.
35413;価をさせて下さい。

ご丁寧にありがとうございます、このコメントで評価できるようになります。また何かありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。ありがとうございました。

nakaをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問