ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3923
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

贈与税についてご教示お願いいたします。 アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?

ユーザー評価:

贈与税についてご教示お願いいたします。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 【質問】
親からの贈与および借り入れ金を使用して住宅を購入する際に、税金をなるべく抑えた贈与税などの申告方法をご教示下さい。【状況】
この度、3180万円の住宅を購入することになりました。
資金は、母から提供していただきました。
資金の内訳は以下です。【資金の内訳】
・2000万円:贈与
・1180万円:母への借金【備考】
・物件は築10年以内の省エネ等住宅です。床面積は70㎡程です。
・私の所得は約250万円程です

はじめまして。

住宅取得資金の非課税贈与の限度額は省エネ住宅の場合で1千万円です。

残りの1千万円については贈与税がかかりますが、相続時精算課税制度を利用すれば控除額が2500万円あるので贈与税は発生しません。

ただし、相続時精算課税制度を選択すると、取りやめが出来ず、また相続時に贈与金額を戻して相続税を計算することになるので将来的に税負担が起きる可能性はあります。

あくまで贈与税を抑えることを優先したいのであれば相続時精算課税制度を利用すれば良いと思います。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;回答どうもありがとうございます!
助かりました、ご参考にさせていただきます。

回答は確認いただけましたか?

質問者: 返答済み 17 日 前.
12399;い、どうもありがとうございました。

それでは完了とさせていただきます。

星マークが表示されるので評価いただけると助かります。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問