ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3586
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こちらの記事を参考に、自分の個人事業を2つに分けて1つを個人・1つを法人として運営し、社会保険の節約を考えています。

ユーザー評価:

https://liberaluni.com/independence-householdこちらの記事を参考に、自分の個人事業を2つに分けて1つを個人・1つを法人として運営し、社会保険の節約を考えています。収入のメインとなる事業1を個人のまま運営
サブとなる事業2で合同会社を設立
という形を考えています。合同会社から自分に毎月45,000円の役員報酬を支払い、社会保険に加入しようと考えていますが、
この合同会社の年間の収入が80万円を稼げなかった場合は、
個人のお金を会社に入れる形で調整したりできるのでしょうか?または、資本金を多めに入れるなどするといいのでしょうか?今はサブの事業が年間30万円ほどで、今後80万〜100万に伸ばしたいと考えていますが、
うまくいかなかったことを想定して質問しております。それでも、個人事業1本で高い社会保険を支払うより節約になる計算になりました。
お手数ですが、よろしくお願い致します。

はじめまして。

法人の役員報酬は一度設定すると次の定時改定(基本的に決算承認の総会の翌月)まで変更が出来ません。

月45,000円で設定したら基本的にはその金額で払い続ける必要があるため、不足があった場合は何かしらの方法(個人からの借り入れや金融機関からの借り入れ)で対応するしかありません。

>または、資本金を多めに入れるなどするといいのでしょうか?

→ その考え方もありますが、個人的な見解としては、今後どうなるか探っている段階で多くの資本金を入れない方が良いとは思います。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございます。資本金はあまり多く入れず、
万が一役員報酬やその他必要な費用が足りなくなった場合、
私の個人の貯金から借り入れという形を取ることをしていいと思っていて間違いないでしょうか?もちろん、しっかりとそちらの事業でも売上を作っていく努力をすることは大前提なのですが、最悪を見越して質問させていただきました。

>資本金はあまり多く入れず、
万が一役員報酬やその他必要な費用が足りなくなった場合、
私の個人の貯金から借り入れという形を取ることをしていいと思っていて間違いないでしょうか?

→ 間違いないです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございました。
わからなかったので、助かりました。

お役に立てば幸いです。

回答完了でよろしかったでしょうか?

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;丁寧にありがとうございました!

それでは完了とさせていただきます。

ありがとうございました。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問