ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3311
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

初めてご質問致します。 アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様:

ユーザー評価:

初めてご質問致します。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 神奈川県横浜市です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 以前は会社員で長年勤務しておりましたが、第一子出産後に退職し、その後は今年の3月までパート勤務(扶養外)していましたが、第二子出産に伴いパートを辞め4月に出産しました。現在は会社員勤めの夫の扶養に入っております。上の子供を保育園に預けているので継続させるには就労条件が必要なため、8月から業務委託契約で在宅で働いております。下の子の保育園申請をしようと思っておりますが、わからないことが多くご質問させてください。①業務委託契約となると個人事業主となるので開業届は出さないといけないのか。②扶養内で開業届は出しても大丈夫なのか。③自分名義で(保険者)で支払っているものが数件あり、今までは年末調整できたができないため確定申告ですればよいのか。④年度の途中でパートを辞めたので、途中まで勤務していた給与分と業務委託契約で得た収入を合わせて確定申告が必要なのか。わかりづらくて申し訳ありません。よろしくお願い致します。

はじめまして。

①業務委託契約となると個人事業主となるので開業届は出さないといけないのか。

→ 開業届を出さずに雑所得として申告しても問題無いと思いますが、開業届を出して事業所得として申告する方が得です。

※さらに言えば、開業から2か月以内に青色申告の承認申請書を提出して、青色申告をした方が得です。

②扶養内で開業届は出しても大丈夫なのか。

→ 開業届の提出だけで扶養を外れることは無いです。

③自分名義で(保険者)で支払っているものが数件あり、今までは年末調整できたができないため確定申告ですればよいのか。

→ ご指摘の通りです。

④年度の途中でパートを辞めたので、途中まで勤務していた給与分と業務委託契約で得た収入を合わせて確定申告が必要なのか。

→ ご指摘の通りです。

退職時にパート先から交付された源泉徴収票を元にパート分の所得を計算します。

最終的には業務委託による所得と合算されて所得税が計算されます。

申告書の作成は国税庁HPの確定申告書等作成コーナーで作成するのが簡単です。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
今まで確定申告や開業届などに縁がなく無知なご質問ですみません。3月までパートですが社会保険等を自分で支払っていました。雇用保険は出産に伴って辞めた場合は再就職できるまで期間を延ばす手続きができるようなことを聞きましたが、そのような制度はありますか?
手続きをした場合でも、再就職までに開業届を出してしまうと個人事業主となりリセットされてしまうのでしょうか?

>3月までパートですが社会保険等を自分で支払っていました。雇用保険は出産に伴って辞めた場合は再就職できるまで期間を延ばす手続きができるようなことを聞きましたが、そのような制度はありますか?

→ 育児休業給付のことや、失業保険給付のことでは無いですよね?

当方、税理士なので、雇用保険のお話は専門外です。

申し訳ありません。

>手続きをした場合でも、再就職までに開業届を出してしまうと個人事業主となりリセットされてしまうのでしょうか?

→ こちらも専門外なのでわかりません。

ただ、個人事業を開業するということは、再就職の意思が無いことになるので、失業給付に影響は出ると思います。

質問者: 返答済み 12 日 前.
23554;門外のご質問で失礼致しました。
今年度の業務委託での収入は25万円程を予定しています。
収入にもよるかと思いますが、このまま数年開業届を出さずに業務委託契約で就労して、雑所得で確定申告をしていても大丈夫でしょうか。

年間25万円程度の収入であれば、雑所得で申告して差支えないです。

年間25万円の収入であれば、他に何も収入がないならば、基礎控除額48万円を下回るので、確定申告はしなくて問題無いです。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問