ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3311
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

相続税申告についてのご相談です。被相続人が残した株式を、代表相続人が換金し、他の相続人に配分した場合、どの様な申告になる

ユーザー評価:

相続税申告についてのご相談です。被相続人が残した株式を、代表相続人が換金し、他の相続人に配分した場合、どの様な申告になるのかがよくわかりません。相続財産はあくまで換金する前の株式と見なすのでしょうか?
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪府です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 特にありません。
はじめまして。
相続財産を相続人の間でどのように協議して分けたかにより変わります。
分割協議書を添付していただくことは可能でしょうか?
質問者: 返答済み 14 日 前.
specialone様
分割協議書をそのまま添付させていただきます。どうかよろしくお願い致します。

拝見しました。

この書き方だとはっきりわからないのですが、文脈からすると、売却を行うのは敏夫氏で、申告と納税を行うのも敏夫氏、その後余ったお金があった場合はスミ子氏に渡すという内容になるかと思います。

有価証券の名義変更の際に証券会社に分割協議書を提出すると思いますが、有価証券の名義変更も敏夫氏になるという話になるのではないかと思います。

ただ、この書き方だと換金して納税も終えた後のお金が2000万円を下回ったらどうするのかについて記載が無いです。

どういう意図で作成した協議書なのか不明ですが、私でしたら「~~スミ子は下記の銀行預金及び有価証券を相続する」「~~スミ子は代償金として~~敏夫に500万円を、~~恵美子に1500万円をそれぞれ支払う」と記載します。

そうすると申告と納税を行うのはスミ子氏になり、敏夫氏と恵美子氏がそれぞれ500万円と1500万円を受け取って終わります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
specialone様
返信ありがとうございます。ご指摘の点、素人である私が作成した協議書の為、わかりにくい内容となっている様で申し訳ありません。これの作成意図について改めて補足説明させていただきます。
法定相続人は、母である被相続人の妻、長男である私、妹の3人ですが、母、妹が一連の相続手続きを行うのは困難であり、私がすべて行う前提となっています。現在、この協議書に基づき、証券会社、銀行共に、父の金融資産を一旦私の口座に移す手続きを進めています。銀行預金額は計1050万で確定しており、株式は相続が発生した時点においての評価額が2050万あり、今後、これの売却を行い譲渡税を差し引いても1800万前後となる見込みです。従いまして、換金後に2000万を下回る可能性はないという前提での作成となっています。換金後にそこから私が妹に1500万を渡し、私は500万を受け取り、残り(見込み約800万)を母に渡すという内容です。 この様な形で遺産(金融資産)分割を行った場合、相続税の申告をどの様に行うのが適切かというのが質問の趣旨です。どうかよろしくお願い致します。

上記の文面からすれば、金融資産については、

長男は納税分+500万円(※売却の際に発生する諸費用あればそれらも含むことになります)

長女は1500万円

母は残額

という形で相続するものとして記載することになると思われます。

ただ、そうすると、売却額、売却諸費用、納税額が確定しない限り金額が確定できず、金額が確定しないということは相続税の申告書に記載する金額が確定しません。

この方法だと見込みの金額で申告書を作成するしかないかと思います。

質問者: 返答済み 13 日 前.
36820;信ありがとうございます。 まず相続の発生は先月の8日ですので、相続税申告の期限はまだまだ先になります。 一方で、既に金融機関に対し相続の手続きを進めておりますので、遅くても来月中には株式の売却を行う事になると思います。従いまして上記にてご指摘頂いている、「売却額、売却諸費用、納税額が確定しない限り金額が確定できず」についてはすべて確定した上で申告書の作成を行う事になります。 私がお聞きしたいのは、相続発生時点では株式であった金融資産を、換金して相続人の間で配分した場合、申告書の「財産の明細」を「現金」として申告書に記載して問題ないのか?」という事です。 質問の仕方が不適切で誠に申し訳ありません。
財産の明細は申告時点の状態ではなく、亡くなった時点のものを記載します。
なので、換金したとしても現金にはなりません。長女と妻の取得する財産は代償金になります。
長男は財産を預金や有価証券で記載した後、2人に渡す金額を代償金でマイナス表記します。
specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
specialone様
どうもありがとうございました。上の様なやり方をするんですね。大変助かりました。
評価ありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。
またのご利用お待ちしてます。

税金 についての関連する質問