ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ty tax Advisorに今すぐ質問する
ty tax Advisor
ty tax Advisor,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 104
経験:  Expert
113572536
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
ty tax Advisorがオンラインで質問受付中

ここで副業、事業立ち上げについて質問できますか? アシスタント:

ユーザー評価:

ここで副業、事業立ち上げについて質問できますか?
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 群馬県です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 今は退職後ですが、就職中から副業収入があります。今回その副業に関する収入があったので、個人事業主になった方がいいのか悩んでいます。

こんにちは。再就職するか個人で独立されるかお悩みでしょうか。税金面などからアドバイスしますので経緯やご状況について詳細をお教え頂けますでしょうか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20170;年の3月に長く務めた職場を退職しました。
現在失業保険給付期間中です。
3年ほど前より副業をはじめ、微々たる収入がありました。退職後副業の活動を進めていこうと思い、サイトなどを整えるためのクラウドファンディングを行いました(ハローワークにも相談はしました)
その結果、約100万円の収入が決定しました。今はただの個人ですが、この先どうしていったらいいのか全くわかりません。税金のこともです。
クラウドファンディングが成功するかどうかもわからなかったので…今後は副業の事業を本格的に進めていきたいと思いますが、もともと副業ですすめていたものなので、本業の仕事もチャンスがあればしていきたいと思っています。
でもこのような状況をハローワーク側にどう説明していいのか、そもそも自分がどうしたいのか少しわからなくなっています。
税金や自分の立ち位置などで困っています。

失業保険については独立開業された場合でも再就職手当が支給される可能性があるのはご存じでしょうか。まだ悩まれている段階なのでハローワークには何も相談しなくて良いと思います。正式に独立を決められてからその意志をお伝えしてもよいかと。

独立となると当面の資金が心配なところですが政策公庫からご融資を受けるなりすると案外どうにかなるものです。みなさん借り入れと聞くとご不安になりますがドラマのような展開(取り立て)は通常あり得ないので大丈夫です。どのような事業をされる予定か差支えなければお聞かせください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
29420;立の資金は特に考えていません。
ネットサービスなので、クラウドファンディングで集まった資金だけで活動はできます。
サブスク型のこのサイトのような形の相談やコミュニティのようなものです。事業は自分でなんとかできますが、やはりこのクラウドファンディングの収入があるという事実をハローワークに申告をしなければいけませんよね?これにあたり、どう説明していいのかが本当に怖いんです。
不正受給とみなされたら、と思うと…今月に手数料引かれて80万ほどが振り込まれます。
それを申告したら、もう働いているじゃないかということで、失業保険は打ち切りになりませんか?この収入は個人事業主になっているわけではないので、自分の雑所得という形で、課税対象になるということもネットなどでみたのですが…そうなると、自分で立ち上げるという形で失業保険を打ち切ってしまった方がいいのか、このあたりが一番の悩みです。

おっしゃる通り失業保険は打ち切りになりますが、失業保険で需給予定だった金額の約50%、これは少なく見積もってですが再就職手当としてもらうことは可能です。クラウドファンディングの決定があるか否かで独立を考えていたのですからその収入が確定した現時点で事業を開始する意思を持ったとご説明されてはいかがでしょうか。失業保険を受給済みとありますがおそらく7月分までと思いますので8月から事業準備を開始すると伝えれば返還を要求されることはないかと思います。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12381;うですよね。とても納得できました。
ハローワークにはその旨申し出てみようと思います。あと別の視点になると思いますが、税金対策として、今の収入のままだと個人で確定申告するのと、事業主になるのとではどちらが節税対策になりますでしょうか?クラウドファンディングの収入はすべてサイト作成費用です。

独立開業で再就職手当を申請される予定であれば開業届を税務署へ提出して個人事業としてスタートされた方がよいです。税金面では個人事業主には青色申告特別控除といって10万~65万円まで一定額を控除する制度があるため事業主となられた方が有利となります。帳簿をつける必要がありますが今はクラウド会計ソフトもよくできているので可能な限りご自身で日々の記録をしていただいて、確定申告などの少し複雑な部分だけ税理士に安くで依頼してもらうのがベストだと思います。他サイトになりますがココナラというサイトなどは割と安く税理士が受注しているようです。もちろんこのサイトでご依頼されても構いません。

ty tax Advisorをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
20102;解しました!
本日午後ハローワークに相談に行くつもりでした。自分がどうすればいいのか、大まかな道筋が見えました。
このタイミングで相談出来て助かりました、ありがとうございましたm(__)m

税金 についての関連する質問