ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3051
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

退職金控除の5年ルールについてお尋ねしたいことがあります。 アシスタント:

ユーザー評価:

退職金控除の5年ルールについてお尋ねしたいことがあります。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 兵庫県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 退職金を全て一時金で受け取ることを考えています。退職金の種類としては企業年金基金からの①第1年金と②第2年金の2つと③背景が良く判らないのですが、一時金として(明細上既に既に厚生年金保険料、雇用保険料、健康保険料、介護保険料、所得税等が控除された)支給されるものと④企業型確定拠出年金の4つです。ここで質問が2つあります。一つ目は、③の一時金なのですが、既に税金、保険料が差し引かれていることからこの分は退職金控除の合算に加える必要が無いように思えるのですが、会社の担当者からは退職金の一部として合算して税務処理をするような説明を受けました。後者が正しいのでしょうか?二つ目の質問ですが、インターネットで調べると④を今年(60歳)受け取って、①と②は65歳で受け取ると5年ルールで退職金控除がまるまる2度受けれるような記述があったのですが、これって下名でも適用されますでしょうか?①と②は待期という選択肢もあり、形上は上記のような受け取り方が可能です。因みに下名は転職はしておらず(転籍はあります。)38年4ケ月 ①~④を1社で積み立てたことになっています。

はじめまして。

>一つ目は、③の一時金なのですが、既に税金、保険料が差し引かれていることからこの分は退職金控除の合算に加える必要が無いように思えるのですが、会社の担当者からは退職金の一部として合算して税務処理をするような説明を受けました。後者が正しいのでしょうか?

→ いいえ、合算しているわけでは無いと思います。

基本的には勤務先が発行する退職所得の源泉徴収票に記載されている金額が退職金として課税されるものです。

退職金からは通常社会保険料は控除されません。

おそらく退職時にそれまでの未支給の給与や賞与の精算をまとめて支払ったという意味で言っているのではないかと思います。(支払については合算しているという意味)

>二つ目の質問ですが、インターネットで調べると④を今年(60歳)受け取って、①と②は65歳で受け取ると5年ルールで退職金控除がまるまる2度受けれるような記述があったのですが、これって下名でも適用されますでしょうか?①と②は待期という選択肢もあり、形上は上記のような受け取り方が可能です。因みに下名は転職はしておらず(転籍はあります。)38年4ケ月 ①~④を1社で積み立てたことになっています。

→ 質問者さんの場合に適用されるかどうかはわからないのですが、確定拠出年金を先に受給し、その年から5年後に他の退職金を受け取ると控除額が多くなるというのはご指摘の通りです。

質問者さんの言う「待機」というものが、どういうものなのか不明なので、その点については勤務先に確認した方が良いと思います。

仮に、退職所得の源泉徴収票が確定拠出年金の受取から5年後に発行されるという答えが勤務先からかえってくるのであれば、該当すると考えて良いと思います。

質問者: 返答済み 15 日 前.
26089;々の回答ありがとうございます。③について会社側に詳細を問い合わせたところ、企業年金基金から支払われる退職金とは別に会社本体から支払われているもののようで、第1退職金と期間賞与が合算されていました。つまり、期間賞与の部分で所得税と各種保険料が控除されていたようです。従って、①と②を100%待期しても、上述の第1退職金は一時金として必ず受け取らねばならず、退職所得が発生し、源泉徴収票が今年発行されることになります。ご回答頂いた「退職所得の源泉徴収票が確定拠出年金の受取から5年後に発行されるという答えが勤務先からかえってくるのであれば、該当すると考えて良いと思います。」には該当しないこととなります。因みに「待期」(待機では無く、待期と記載されています。)は単に支払開始時期を65歳までの間で設定できる制度のようです。(再雇用延長制度に特化した制度でもないようで50歳以降に退職したものが選択出来るようです。)最初に送信した2つ目の質問に戻りますが、5年ルールが適用されない可能性が高いとの認識でいますが、改めて具体的な金額も提示して5年ルールが適用されるかどうかご判断頂けるとありがたいです。退職所得はそれぞれ①845、②1139、③460、④約1200(単位は万円)です。退職金控除額は2130万円(39年)です。①、②は今年受け取らず、③、④のみ今年受け取った場合、今年度に発生する退職金に対する税金はゼロ、①と②を待期して5年後に受け取った場合の退職金に対する税金は幾らになりますか?ご回答頂けると助かります。

すべて所得税です。

全て一時金(退職所得)として受け取った場合 → 1,105,100円

確定拠出年金を先行して受取り、それ以外を5年後に退職所得として受け取った場合 → 初年度ゼロ円、5年後78,500円

以上になります。

待期の話は、年金の受取開始を遅らせられるという話の可能性があるので確認した方が良いです。

年金形式で受け取る退職金は退職所得にならず、公的年金に係る雑所得として計算されます。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 14 日 前.
22238;答どうもありがとうございました。

評価ありがとうございます。

お役に立てば幸いです。

税金 についての関連する質問