ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 3030
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

ふるさと納税について非公開で上限額について聞きたいです

ユーザー評価:

ふるさと納税について非公開で上限額について聞きたいです

はじめまして。

非公開でというのは相談内容を非公開でということでしょうか?

このサイトは完全非公開を保証しているわけではないので、厳密には非公開でというのは無理かと思います。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12405;るさと納税の上限額については独身、最低収入であれば28000円まででしょうか?またこの金額が違うようならどのような計算をしたらよいのか教えてください

限度額の最低はゼロと思います。

28,000円というのはどういう計算で算出しているのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 日 前.
28000というのは独身で給与所得が最低の表を見ました。

① 基本的にふるさと納税は税額から控除するものなので、税額がゼロの場合は控除額もゼロです。

なので、最低額という意味ではゼロが最低額です。

② 次にふるさと納税は、所得税と住民税から控除されます。

所得税と住民税の控除額を合算すると、「ふるさと納税額-2,000円」になります。

③ ただし、住民税の控除額に限度額が存在するため(所得税も存在しますが、所得税の限度額を超えるほどふるさと納税を行う方は見たこと無いです)、所得の大きさによっては「ふるさと納税額-2,000円」まで控除されないことがあり、この控除限度額のことを上限と呼ぶことが一般的です。

④ 住民税の控除限度額は特例分と呼ばれる控除計算に対して住民税所得割の2割を限度としています。

基本分と呼ばれる控除計算との合算額が住民税のふるさと納税の控除額であるため、算式が複雑です。

(参考)総務省HPの解説→総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について (soumu.go.jp)

⑤ 上記のリンク先の表のことを言っていたのだと思いますが、だとすると年収300万円という前提の話です。

年収300万円以下のサラリーマンも当然いますから、28,000円というのは限定的な話です。

ご自身の前年度の収入(勤務先から交付された源泉徴収票でわかると思います。)から検討されると良いと思います。

計算精度は不明ですが、自動で限度額を計算するサイトもいくつか散見されますので、合わせてご利用しても良いかと思います。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中

税金 についての関連する質問