ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
specialoneに今すぐ質問する
specialone
specialone, 税理士
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 2927
経験:  大学卒・職歴14年・開業5年
100521332
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
specialoneがオンラインで質問受付中

こんにちは。 アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか? 質問者様:

ユーザー評価:

こんにちは。
アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか?
質問者様: 今年も確定申告を済ませたのですが、市・県民税が昨年の5,000円に対し、今年は60,500円の納税書が届きました。市役所税務課に尋ねたところ、昨年は給与の申告だったのが、今年は、営業の所得で申告されたのが、理由ではないかとのことです。
アシスタント: 了解しました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 埼玉県戸田市です。西川口税務署の管轄です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、税理士に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 当方、最近、仕事の契約形態が業務委託の請負契約になりました。業務委託費支払い明細で年額の支払い額が記載されているものをいただきましたが、源泉徴収票でないため、源泉徴収税額が記されていません。およそ、170万ほどいただいたのですが、源泉徴収税はどのくらいになるものでしょうか。今後も申告に関係してきますので、そのあたりのことも教えていただければと願います。

はじめまして。

士業の報酬や原稿料といったものを除き、業務委託契約による報酬は源泉徴収がされません。

源泉徴収の金額、源泉徴収の対象になる報酬なのかどうか、これら全て支払元が把握しています。

報酬から源泉徴収された税額がある場合は、支払調書が発行され、そこに源泉徴収税額の記載があることが一般的です。

交付が無いのであれば、源泉徴収されていないのではないかと思われます。

いずれにせよ、支払元に問い合わせる以外には確認する方法は無いかと思います。

specialoneをはじめその他名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。業務は、賃貸アパート18棟の管理をしています。雇用の手続きの簡素化のためか、委託契約になっているものと思います。今後、源泉徴収票がない場合は、給与所得で申告が難しい感じになるでしょうか。源泉徴収票がなかったこともあり、収入は事業営業所得で申告いたしました。自分で源泉徴収税額を算定する方法もあるようですが、それは、特定の職業だけのものという認識になるでしょうか。

>今後、源泉徴収票がない場合は、給与所得で申告が難しい感じになるでしょうか。

→ 源泉徴収が無い場合というよりも、業務委託契約は雇用契約では無いため、給与所得には該当しないです。

>自分で源泉徴収税額を算定する方法もあるようですが、それは、特定の職業だけのものという認識になるでしょうか。

→ 「源泉徴収税額がある=給与」ではないです。

報酬の源泉徴収は請求書に記載するため、支払いを受ける側が計算して提示しますが、これは事業所得です。

給与の源泉徴収税額を受取側が計算することはありません。

もし給与としての支給を希望であれば、支払元と相談のうえで雇用契約にしてもらうほかありません。

評価ありがとうございます。

またのご利用お待ちしております。

税金 についての関連する質問