ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
xdenvに今すぐ質問する
xdenv
xdenv,
カテゴリ: 税金
満足したユーザー: 291
経験:  Expert
111754746
ここに 税金 に関する質問を入力してください。
xdenvがオンラインで質問受付中

本年7月60歳にて定年退職予定です。退職金に対する非課税控除枠は退職金で使い切る見込みです。

ユーザー評価:

本年7月60歳にて定年退職予定です。退職金に対する非課税控除枠は退職金で使い切る見込みです。
この場合で、現在の評価額820万円程の確定拠出年金を 退職時に一括受け取るか、65歳以降に年金で受け取るかを検討が必要かと考えご相談させてください。
65歳からの年金は 公的年金年額239万円(基礎年金73万円、厚生年金166万円)、企業年金 終身分51万円、10年確定分66万円
個人年金 15年確定分34万円 程度あります。
年金で受け取ると 雑所得の課税の他、健康保険料なども考慮が必要なのかもしれないため 大雑把に 一時金で受け取る時と年金で受け取る時の損得を教えていただきたく。

こんにちわ、税理士です。

確定拠出年金は一時金で受け取ると良いと思います。

確定拠出年金の勤続期間は退職金より多い場合もあること、

退職金は所得×半額に課税されることを考慮すると一時金での受給が得策です。

質問者様は退職後に受け取る年金が多いため、毎年の税金や保険料がある程度発生するため一時金で受け取る方が有利です。

xdenvをはじめその他2 名の税金カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
35413;価は当日 させて頂いたつもりですが 終わってないですか?

税金 についての関連する質問